ホームラベル植物繊維と抽出物、どれですか?

植物繊維と抽出物、どれですか?

多種多様な製品の成分リストにある「植物性繊維」や「植物性抽出物」という言葉を傍受することがますます頻繁になっています。 どの繊維? 指定する必要があります。

野菜由来の成分 それらは多くの準備で使用されます。 マヨネーズやペストなどのソース、ベジタリアン、ビーガンフード すぐ食べられる、だけでなく、肉製品。 後者では、いくつかの野菜は、鉱物起源の亜硝酸塩と同様の防腐機能を実行する硝酸塩をもたらします。

植物繊維 それらはまた、嗜好性の改善、またはむしろ食品の栄養プロファイルの改善に寄与することができる。 ルール 栄養と健康強調表示 (1)それは、とりわけ、ラベルおよび広告上の繊維の存在または豊かさを自慢することを可能にする。 (2)

ルール 消費者への食品情報 ただし、カテゴリ「植物繊維」の名前を使用することはできません。また、その「植物抽出物」の名前を使用して、それに属する個々の成分を指定することもできません。 (3)

「製品に含まれるすべての成分は、植物繊維およびそれらが由来する野菜を明確に説明する必要がある抽出物に関しても、ラベルに指定する必要があります」(Nota Min。Sal。、DGISAN、12.9.17、 n。36275)

したがって、彼らは非合法化されます 成分リストに謎めいたフレーズ「植物性繊維」が記載されているラベル。 さらに悪いことに、そのようにマークされた食品は、一部の脆弱なカテゴリーの消費者の健康に危険を及ぼす可能性があります。

食品安全のリスク これは、繊維および/または植物抽出物の不特定の混合物の背後に隠されており、特にEU規則1169/11の付属書IIで言及されているアレルゲンのリストに含まれていないが、他の食物アレルギーまたは不耐性に関連して重要な成分に関係しています。 。 少なからずではなく 好意の場合。 (4)

Le https://www.greatitalianfoodtrade.it/etichette/controlli-il-ruolo-dellamministrazione-sanitaria/したがって、責任のあるオペレーターがまだ行っていない場合は、安全要件に準拠していないラベルに迅速に対応し、必要な是正措置を命じる必要があります。

アレルギー性で不寛容な消費者 または、植物性の物質に敏感な場合は、その間、「隠された成分」を含む製品の摂取を控えることができます。

ダリオ・ドンゴ

注意

(1)regを参照してください。 CE1924/06およびその後の修正。 いわゆる 健康主張、その登録を参照してください。 UE 432/12、統合テキスト

(2)表示'繊維の源'、または同様の表現は、製品3グラムあたり6および100 g、または1,5あたり100 kcalに達する場合に許可されます。代わりに、次の使用にはXNUMX倍の量が必要です。 栄養強調表示 「食物繊維が多い」、または「食物繊維が豊富'(ECreg。1924/06、Annexを参照)

(3)regを参照してください。 EU 1169/11、付録VII、パートB

(4)表示要件は、食品の安全性を保証する機能も果たしていることに注意してください。 これは、アレルゲンまたは「敏感な」物質(例えば、カフェインおよびキニーネ、フェニルアラニンの供給源、グリチルリチン酸)の言及で終わるのではなく、施行されている規制によって規定された適切な手順に従って成分を指定する義務にまで及びます。 脆弱な消費者の一般性を保護する目的で(EC規則178/02、第14条を参照)

 

 

+投稿

Dario Dongo、弁護士兼ジャーナリスト、国際食品法の博士号、WIISE(FARE-GIFT-FoodTimes)およびÉgalitéの創設者。

関連記事

最近の記事

最近のコメント

翻訳する»