ホーム進捗欧州持続可能性報告基準、定義された EU 基準

欧州持続可能性報告基準、定義された EU 基準

31 年 2023 月 XNUMX 日、欧州委員会は、以下を補足する規則を採択しました。 説明責任に関する指令 2013/34/EU との 欧州持続可能性報告基準 (ESRS)、つまり EU 内の企業の持続可能性報告原則。 (1)

1) 欧州持続可能性報告基準、ESRS。 新たな義務

欧州委員会、 企業の持続可能性報告指令 (EU) No 2022/2464、(2) の最初のセットを採用 欧州持続可能性報告基準 (ESRS)。 持続可能性に関する報告については、財務諸表の特定のセクションで、次の日付から開始するこれに従う必要があります。

- 1.1.2024 (2025 年予算)、すでに義務の対象となっている企業向け 非財務報告指令 (NFRD) 2014/95/EU。 (3) 従業員 500 人を超える大手上場企業、銀行および保険会社、従業員 500 人を超える非 EU 上場企業および EU 内の支店、
- 1.1.2025 (2026年度予算)、その他大企業向け、
- 1.1.2026 (2027年財務諸表)、中堅・中小企業上場企業向け。 報告を 1.1.2028 年 2029 月 XNUMX 日 (XNUMX 年度予算) に延期する権利を持ち、
- 1.1.2028 (2029 年の財務諸表)、年間収益が 150 億 40 万ユーロを超え、EU に支店があり、売上高が XNUMX 万ユーロを超える非 EU 企業が対象です。

2) 必要な情報

事業 環境、社会、環境に関する短期、中期、長期の影響、リスク、機会に関する情報を伝達する必要があります。 ガバナンス。 そして次のように説明します。

– リスクと機会、財務および投資計画を含む、持続可能性の問題に関連したビジネスモデルと戦略。

– 持続可能性の問題に関連する目標とその達成時期、

– 持続可能性の問題に関連した行政、管理、統制機関の役割と責任、

– 会社の方針、

– 持続可能性の問題に関連するインセンティブ制度、

– の手順 デューデリジェンス 持続可能性の問題に関連して会社によって適用される、

– バリューチェーンに関連する主な悪影響、およびこれらの悪影響を防止または軽減するために講じられた措置、

– 持続可能性の問題に関連する主なリスクとこれらのリスクの管理方法、

– 要求された情報の伝達に関連する指標 (CSRD、第 19.2 条)。

3)サステナビリティ報告基準

新しい規制 付録 I に記載されているのは、 欧州持続可能性報告基準 (ESRS)、情報は XNUMX つのカテゴリに分類されます。

3.1) 横断的な基準

すべての事業 の対象となる 企業の持続可能性報告指令 (CSRD) は、事業を行う部門に関係なく、以下に関する基準に準拠する必要があります。

– '一般的な処方箋' (ESRS 1)、情報の提示方法に関しては、e

– '一般情報' (ESRS 2)。 情報は明確に表現されなければなりません ガバナンス (政府)、 戦略 (SBM)、 影響、リスク、機会の管理 (イロ)、 指標と目標 (MT)。

3.2) テーマ別基準 (ESG)

ESGのXNUMXつの基準 (環境、社会、ガバナンス) – その報告はあらゆる分野のすべての企業に義務付けられています – は、多くのテーマ別基準の対象となっており、それらは次のように構成されています。

環境。 環境基準には次の XNUMX つがあります。

– 気候変動 (ESRS E1)、
– 汚染 (ESRS E2)、
– 水と海洋資源 (ESRS E3)、
– 生物多様性と生態系 (ESRS E4)、
– 資源の利用と循環経済 (ESRS E5)。

社交。 XNUMX つの社会基準は次のことに関係します。

– 自社の従業員 (ESRS S1)、
– バリューチェーンの労働者 (ESRS S2)、
– 影響を受けるコミュニティ (ESRS S3)、
– 消費者とエンドユーザー (ESRS S4)。

ガバナンス。 現在、単一の規格に関する情報が想定されています。

– ビジネス行為 (ESRS G1)。

3.3) 業界標準

業界標準 また、テーマ別基準ではカバーされていない、それぞれの分野における重大な影響、リスク、機会を考慮することも目的としています。

4) 報告基準

報告と連絡 持続可能性基準は、いくつかの基本的な定性的特性を尊重する必要があります。 情報の関連性、現実の忠実な表現、および「刺激的な」定性的特徴。それらの検証可能性、理解可能性、比較可能性に注意を払います(付録 I、付録 B)。

ビジネスがどこにあるのか 組織に対する重大な影響、リスク、または機会が XNUMX つの標準カテゴリ (横断的、テーマ別、業界) に当てはまらないと考え、追加の具体的な情報を提供して、 ステークホルダー これらの影響、リスク、または機会を理解するため。 (4)

5)定義

すべての持続可能性基準 は、次のように定義される影響、リスク、機会の概念に基づいています。

- のために 'インパティ「持続可能性に関連する影響(プラスとマイナス、現在と潜在的)が企業の活動に関連し、関連性の観点から特定され評価されることを意味します。

- のために 'リスクと機会「」とは、自然資源、人的資源、社会資源への依存から生じるものを含む、持続可能性に関連する企業の財務リスクと機会を意味します。 財務関連性評価プロセスを通じて特定されます。 (5)

6) 「二重の関連性」

コンセプト 上記の情報は、企業が情報の関連性を評価し、その情報を開示すべきかどうかを決定する必要がある場合に不可欠です。 オペレーターの負担軽減を目指して(→ 以下に、パラグラフ7)、委員会は実際、常に義務付けられている「一般情報」に加えて、どの情報を伝達するかの選択を企業自身に委ねることを決定しました。

その情報 したがって、伝達されるべきものは、影響力と経済的という「二重の関連性」を満たすものである。 付録 1 の付録 E にある拘束力のないフローチャートは、企業が公開される情報の関連性を評価するのに役立ちます。 企業が開示要件の全部または一部を開示しなかった場合、当該事項が重要ではないと判断した結論について説明しなければなりません。

7) 簡素化

欧州委員会 EFRAG のアドバイスを活用しました (欧州財務報告諮問グループ)規格の内容を定義します。 の相談を受けて、 ステークホルダー, EFRAGは多くの簡素化を導入し、委員会によってさらに拡張されました。

aggiuntaに 「二重関連性」の評価を会社に移管する(を参照) 上記に、パー。 6)、さらに単純化すると次のようになります。

– 開示義務の削減 (-40%)、
– の削減 データポイント 強制(-50%)および任意の延長、
– 一定の義務を段階的に導入する。 従業員数が 750 人未満の企業は、初年度は GHG 排出量データと「自社の従業員」基準に関する情報を省略でき、XNUMX 年目まではさらなる基準(生物多様性、影響を受ける地域社会、消費者など)を省略できます。 すべての企業は、初年度は気候以外の環境問題に関連する財務上の影響に関する情報や自社の従業員に関する情報の一部を省略することができます。

8) 政治的な監視

ESRS 委任規制 (欧州持続可能性報告基準) 31 年 2023 月 6 日に欧州委員会によって採択された案は、政治的精査のため、XNUMX 月後半に欧州議会および理事会に正式に送付されます。 XNUMXか月以内に(さらにXNUMXか月延長することもできる)、欧州議会または理事会は委任された法律に対して拒否権を行使することができるが、修正することはできない。 (XNUMX)

ダリオ・ドンゴとアレッサンドラ・メイ

Note

(1) 31.7.23 c の委員会の委任規則彼は、持続可能性報告原則に関する欧州議会および欧州理事会の指令 2013/34/EU を補足します。  https://eur-lex.europa.eu/legal-content/IT/TXT/HTML/?uri=PI_COM:C(2023)5303

(2) 欧州議会および理事会の指令 (EU) 2022/2464 規制の修正 (EU) n. 企業の持続可能性報告に関する指令 537/2014、指令 2004/109/EC、指令 2006/43/EC、および指令 2013/34/EU https://eur-lex.europa.eu/legal-content/IT/TXT/?uri=CELEX%3A32022L2464

(3) 指令 2014/95/EU、 特定の大企業およびグループによる非財務および多様性情報の開示に関する指令 2013/34/EU を修正 https://tinyurl.com/pa64v2x2

(4)ダリオ・ドンゴ、アレッサンドラ・メイ。 CSR、欧州持続可能性報告基準。 企業に対する新たな義務。 贈り物 (素晴らしいイタリア食品貿易)。 3.7.23

(5) ESRS 1、付録 1、第 1,3 章、第 XNUMX 章

(6) 欧州委員会。 欧州持続可能性報告基準の採用に関する質問と回答。 https://tinyurl.com/2s386awk 31.7.23

+投稿

Dario Dongo、弁護士兼ジャーナリスト、国際食品法の博士号、WIISE(FARE-GIFT-FoodTimes)およびÉgalitéの創設者。

アレッサンドラメイ
+投稿

ボローニャ大学で法学を専攻し、同大学で食品法の修士号を取得しました。 ヨーロッパおよび国際的な研究および革新プロジェクトに専念することにより、WIISE srlの福利厚生チームに参加してください。

関連記事

最近の記事

最近のコメント

翻訳する»