ホームペットフードペットフード。 重量クレーム

ペットフード。 重量クレーム

ペットは、人間の友達と同じように、主に肥満または太りすぎです。 これはのメーカーを促しました ペットフード 専用の製品を開発すること。そのラベルや広告は、施行されている規則に関して「上を行く」ことがよくあります。

ペットの肥満と太りすぎ

予防協会 2017年に米国で実施された研究では、動物の肥満(APOP)の割合は、太りすぎが犬の52,7%と猫の57,9%に影響を与える健康上の緊急事態であると見なしました。

ヨーロッパの状況 おそらく少しだけ良いです。 調査した獣医の96分のXNUMXによると、肥満と太りすぎはペットの間で最も一般的な健康問題です。 専門家のXNUMX%によると、早期死亡の最初の原因。

肥満と太りすぎ それらはほとんどの場合、食物を通して(過剰に)消費されるエネルギーと実際に消費されるエネルギーとの間の不均衡に由来します。 したがって、それは、空腹の刺激の増加のために、運動活動が低下する傾向がある高齢の動物、および滅菌された動物で発生する。

形成への注意 - のために ペット、 人間に関しては、それゆえ、それは美的要因を超えて、広範囲にわたる健康の必要性を表しています。 そしてそれは特に余分な体重を維持または減らすのを助けることを目的とした食品の開発を動機づけました。 その点まで、 ペットフード、各製品ラインには少なくともXNUMXつの参照が含まれています''、'低脂肪'またはいずれにせよ、その効果に対処します。

ラベルと広告 ペットフードの多くはそのようなことにふける クレーム、残念ながら、多くの場合、根拠がありません。 理由を見てみましょう。

請求 の栄養と健康上の利点 ペットフード、 ルール

米国では 「光」、「」という用語の使用' また '少し'、'リーン'は、エネルギー値が特定のしきい値(ドライ食品では3.100 kcal / kg、ウェット食品では900 kcal / kg)を超えない製品で許可されます。 ザ クレーム 「リーン」は、次に、乾燥側で9%以下、湿潤側で4%以下の脂肪含有量を仮定します。

ヨーロッパで ルールはもっと複雑です。 まず第一に、減量を目的としたすべての飼料はPARNUTS規制の対象であり、ダイエットペットフードのカテゴリーに分類されます。 (1)

クレーム 健康 -どちらの場合も、病状(例:肥満)または特定の健康上の利点(例:太りすぎの減少)を指します-と呼ばれる製品食事飼料'。 これは、dirによって提供される特性と条件に準拠する必要があります。 2008/38/EC。 

一般的に使用されているフィード -それらが完全であるか補完的であるかにかかわらず-それらはせいぜい理想的な重量を維持する機能を指すことができます(cd クレーム 機能的、例えば。 '理想的な体重を維持するのに役立ちます」)、余分な体重の減少を示唆することなく。 この最後の言い回しは、これまで見てきたように、代わりに「ダイエットフィード」に適しています。

クレーム 栄養 それらはまた、責任あるオペレーターが特定の実験室分析によって立証できなければならない特定の条件に従って、一般的な飼料(すなわち「食事」ではない)で許可されます。

表示''また''たとえば、市場で入手可能な同じカテゴリの製品の平均よりも少なくとも15%低いエネルギー値、または同じラインを維持するための基準よりも製品のエネルギー値が低い場合にのみ、商業情報で使用できます。 (2)

Il 15%di 違い -より一般的に-使用するための条件を表します クレーム 比較栄養(例: '脂肪分が少ない')。

示された基準と分析方法 使用されるものは、イタリアの同じ保健省が参照している欧州貿易連合FEDIAFの栄養ガイドラインに記載されています。 制裁措置は、これまでさまざまな事業者によってほとんど検討されていませんでしたが、すでに施行されています。 (3)

パオラケーンとダリオドンゴ

注意

(1)dirを参照してください。 2008/38 / EC、特定の栄養目的を目的とした動物向け食品に関するもの。 記録も参照してください。 2011/25 / EU、動物用医薬品に関して、飼料とその成分、添加剤、殺生物剤との必要な区別に関するガイドラインを定めています

(2)製品とパラメータの証拠を比較します。 そして、誤解を招く広告と比較広告に関して確立された基準を尊重する先見性(指令2006/114 / EC)

(3)Cf. reg。 CE 767/09。 制裁措置については、記事を参照してください https://www.foodagriculturerequirements.com/approfondimenti_1/mangimi-le-sanzioni-per-violazione-del-regolamento-767-2009 e https://www.foodagriculturerequirements.com/archivio-notizie/pet-food-etichette-e-allegazioni-in-arrivo-il-decreto-sanzioni

+投稿

食品およびペットフード分野の戦略、コンプライアンス、マーケティングに関するビジネスコンサルタント。 彼は、消費者側でビーガン製品の市場分析のためのビーガンOK天文台を担当しています。

+投稿

Dario Dongo、弁護士兼ジャーナリスト、国際食品法の博士号、WIISE(FARE-GIFT-FoodTimes)およびÉgalitéの創設者。

関連記事

最近の記事

最近のコメント

翻訳する»