ホーム市場食べ物とライフスタイルのスタイル。 イタリア人の「野菜」、「なし」、「食事の準備」...。

食べ物とライフスタイルのスタイル。 イタリア人は「野菜」、「なし」、「準備ができた食事」です。 Eurispesレポート

イタリア人の食べ物とライフスタイル。 'せずに'、'ベジタリアン「、」すぐに準備ができます'。 Eurispesレポート イタリア2020 統合された社会学的調査で、GS1の分析ですでにいくつかのデータが明らかになっていることを確認しますXNUMX-イタリア、天文台 2019-2だと思います、GDOの棚での106千のアイテムの販売について。 しかし、「新しい」ライフスタイルは、私たちの国にとって最も深刻な健康上の緊急事態、太りすぎや小児肥満を解決しません。

ベジタリアン、ベジタリアン、ビーガン。 8,9%

イタリアのベジフロント これは、Eurispesがインタビューした市民のサンプルの8,9%に相当します。 このカテゴリーの消費者は、主に菜食主義者(6,7%)で構成されていますが、ビーガン(2,2%)も含まれています。 これらに元菜食主義者の6,3%が追加されます。

その動機 想像以上に幅が広く、差別化されています。

-56,6% 菜食主義者または完全菜食主義者の食事に固執することを選んだ野菜の健康と幸福のために'個人(23,2%)、食事の願望のために('食べる量が少ない方がいい'、19,2%)、 「好奇心のために」 (9,1%)または '環境の保護と保護に貢献する'(5,1%)、

-39,4% 代わりに'の雑食性の食事療法を放棄します動物界への愛と敬意」 (22,2%)だけでなく、その理由 「食事のスタイルは、より広い人生哲学の不可欠な部分です」 (17,2%).

'から無料'、 栄養補助食品

ダイエットへの注意 それは、実際の健康ニーズや、公衆衛生システムによって提供される栄養上の推奨事項からしばしば逸脱する消費の選択肢を持つイタリア人によって表現されています。 このように、 'から無料'として'グルテンフリー'(14,6%)および'ラクトースフリー'.

これらの現象 市場は ウイルスの欺瞞ウイルスの欺瞞 不寛容ではない人々の食事からこれらの物質を除去することから得られるであろう利益(完全に証明されていない)について、 診断 ジャーナル。

栄養補助食品 それらはまた、インタビュー対象者の消費習慣の16,3%に広がっています。 そして、これは、分解された統計データがない場合、分析するのがより複雑な現象です。 実際、サプリメントのカテゴリーには、マルチビタミンとマルチミネラルのほか、一部の病状の治療を予防またはサポートするだけでなく、ニーズをカバーする目的で一般開業医によって提案されることが多い特定のサプリメントが含まれます。 CDをおろそかにせずに 植物学、その使用はハーブリストの伝統に根ざしています。

食品の配達 e すぐに食べられる

宅配と惣菜, 食品の配達 e すぐに食べられる、今度はほとんどのイタリア人の生活の一部になっています。 Eurispesによると:

-54% イタリア人の割合は家で食べ物を購入します(時には37,1%、しばしば15,1%は常に1,8%)。 若くて非常に若い人が市場をリードしています(81〜18歳の24%、63,3〜25歳の範囲で34%)、

-70,3% すべてのテイクアウト食品を購入します。 「ヘクティックライフ」はまた、厨房で多大な労力を必要としない、速くて工業的ですぐに食べられる食品の普及を説明しているようです。

'それらの多くがあります 準備が整うまでに数分かかるスーパーマーケットや大規模な流通カウンターから工業製品を購入する人[いわゆるReady-to-Eat、ed]、基本的な準備をスキップして、全体でほぼ62%(41,3、16%は時々それをします) 、4,6%が頻繁に、XNUMX%が常に)。'(1)

天文台だと思いますが、 ライフスタイル

天文台だと思います (Oi)GS1-のイタリア もう一度、すでにのように 2019、製品の写真と棚での回転を通して、Eurispesによって概説された傾向を確認します。 天文台の分析はそれをカテゴリーに入れます ライフスタイル:

-参照 ベジタリアン、ラベル上のそのような用語を参照しているため ベジタリアンのライフスタイルに適しています'、 'ライフスタイルに合う ビーガン' または同等の意味のロゴ(例:VeganOK)、

-その他の「アイデンティティ」製品 オーガニック、ハラール、コーシャなど。

10万以上の製品 全体として、オファーの13,8%に相当します。 売上高は2,7万ユーロを超え、以前の比率(+ 3,7%)よりも遅いペースではありますが、依然として成長しています(18年19月から8,9年XNUMX月までの間にXNUMX%増加)。 ザ ベジタリアン それはより安定して進行し(前年の+ 5,1%から+ 7,4%)、考慮された全参照の5%を特徴づけます。

'無グルテンの' e 「ラクトースフリー」 '現在、イタリア人のショッピングカートに定期的に存在しています'、再びハイライトします想像してみてください。 信じられないが真実である、このようにマークされた参照は、オファーの13,3%、フードバスケット(水とアルコールを除く)の売上高の14,4%を表しています。 売上高-約3,6の製品で9億ユーロ(+ 1,9%)-とりわけ、私たちがどのように すでに述べた、これらのカテゴリーの商品に関する憶測の程度。

小児肥満と太りすぎ

小児肥満 太りすぎは激怒し続けています。 以前に報告されたものと比較して、有病率が増加している-太りすぎ21,3%、肥満9,3%- ISTAT と 'でイタリアの肥満バロメーターReport (IOBR)。

イタリアの若者 深刻な慢性疾患によるエピデミックのリスクにさらされています(いいえ。オン-伝染病、NCD)。 このヨーロッパでは 逆さまに、地中海式食事療法の以前の標準的な担い手は、食物の不均衡の擁護者になりました。 したがって、イタリアは男性の小児肥満の有病率で21位(14%)、女性の小児肥満の有病率でXNUMX位(XNUMX%)です。

主な原因 太りすぎと肥満の、それは言うまでもなく、 '間違った食生活、単純な炭水化物の大量消費 [つまり、砂糖、編] と肉 [?]、 それに加えて、カロリー指数が高く栄養価が低い不自然な製品の消費があります(33%は不適切な朝食を消費し、36%は幼い頃から定期的に炭酸飲料を飲んでいます) '。 シック!

ダリオ・ドンゴ e サブリナベルガミニ

注意

(1)Eurispes Report、32'Italy Report、30.1.20。 プレスリリースと完全な調査 https://eurispes.eu/news/eurispes-risultati-del-rapporto-italia-2020/

(2)GS1-イタリア、大井天文台2019-2、上を想像します https://osservatorioimmagino.it/

 

 

+投稿

Dario Dongo、弁護士兼ジャーナリスト、国際食品法の博士号、WIISE(FARE-GIFT-FoodTimes)およびÉgalitéの創設者。

+投稿

ジャーナリスト。 消費、権利、栄養、社会、環境。 消費者ヘルプの責任者。 彼はResetDOC、Il Riformista、La Nuova Ecologia、IMGPressと協力してきました。

関連記事

最近の記事

最近のコメント

翻訳する»