ホーム市場EUでの債権回収と添付、イタリアでの新しい規則

EUでの債権回収と添付、イタリアでの新しい規則

海外での債務回収は、ついにEU加盟国で効果的な救済策を見つけました。 閣僚評議会によって日曜日18.10.20に承認された立法命令のおかげで、規則(EU)No. 655/2014。

新しい手続きは、国境を越えた場合、つまり、保存命令の申請を処理する司法当局がXNUMXつの加盟国にあり、命令の対象となる銀行口座が別の加盟国にある場合にのみ適用されます。

EUにおける経常収支の債権回収と保全の差し押さえ

reg。 EU 655/14 設立 '民事および商業問題における債務の国境を越えた回収を促進するための銀行口座に関する欧州保存命令の手続き'。 (1)

閣僚評議会、欧州問題大臣VincenzoAmendolaと法務大臣AlfonsoBonafedeの提案に基づき、国内規則を規則(EU)No. 655/2014。

ヨーロッパの保存命令

債権者 他のEU加盟国にも存在する銀行口座に債務者が保有する金額を添付するための欧州命令を取得する権利があります。 国内法によって確立された手順に代わる迅速な手順を介して。 前代未聞の変更部分、条件が満たされたとき。

手順 これは、専門的サービスや業務活動から派生したものを含む、民事および商業問題における金銭的クレジットに適用されます。 次の除外事項を除きます。

-破産手続(破産、債権者との構成、統制された行政およびさまざまな国内制度で規定されているさまざまな種類の破産手続)の対象となる債務者からの債権、
-公的機関の行使における作為および不作為に対する州の責任(EU Reg。655/14、第2.1条)、
-仲裁から生じる請求、
-税金、税関、行政クレジット、
- 社会保障、
-配偶者間の関係または関係に由来する財産権 もっとuxorio,
-遺言、相続および義務 死因.

除外されます てんかん発作から」口座が保持されている加盟国の法律に基づいて差し押さえが免除されている銀行口座'および預金を徴収しない金融機関(例えば、輸出および投資プロジェクトまたは開発途上国のプロジェクトに資金を提供する機関、または金融市場サービスを提供する機関。EUReg。655/14、第2.3条)。

手順

手順 有効化できます:

-本案の判決の前またはいずれかの段階、または
-司法決定、司法和解、または債務者に支払い義務を課す公的行為の後(EU Reg。655/14、第5条以降)。

司法当局 添付命令を発行する能力があるのは、一般に、請求のメリットを決定する能力がある人です。 債務者が消費者である場合、管轄は、同じものが所在する加盟国の司法当局にあります。

統一された用語 保存命令の申請に関する決定については、Reg。の第18条に定義されています。 EU655/14。 ある加盟国で発行された保存命令は、特別な手続きや執行可能性の宣言を必要とせずに、他の加盟国で認識され、執行可能です(EU Reg。655/14、第22条)。

銀行口座に関する情報

信用評価後 (司法決定、裁判所の和解または強制力のある公的証書による)、債権者の場合債務者が特定の加盟国の銀行にXNUMXつ以上の口座を持っていると信じる理由があるが、銀行の名前や住所、またはIBAN、BIC、またはその他の銀行の詳細を知らない銀行は、添付命令の申請が提出された司法当局に、実行加盟国の情報当局が銀行を特定できるようにするために必要な情報、および債務者の口座を取得するように要求することができます。'(EU reg。655/14、第14条)。

条件

債権者 債務者の銀行口座の凍結を正当化する具体的なリスクの存在を司法当局に納得させるのに十分な証拠を作成する必要があります。 (2)

クレジット 彼らはまだ期限が切れていないかもしれません」ただし、これらのクレジットは、取引またはすでに行われたイベントに由来し、故意または過失の民事犯罪の分野に該当するクレジット、および刑事犯罪に起因する損害賠償または賠償の訴訟を含め、金額を確定することができます。'。 (3)

行動する能力 債務者の事前のヒアリングがなければ、特定のセーフガードメカニズムによって相殺されます。 通知後の保存命令に反対する可能性(4)を含むさまざまな形式の控訴だけでなく、裁判官が、不成功の仮説で、損害賠償をカバーするために債権者に保証金を預けるよう要求する可能性もあります。 (5)第三者の権利を無視することなく。 (6)。 最後に、債権者の推定責任に関するいくつかの仮説が紹介されています(EU規則655/14、第13条)。

さらなるアップデートはすぐに来ます。

ダリオ・ドンゴ

Note

(1)規制(EU)番号欧州議会および理事会の655/2014、15514、 民事および商業問題における債務の国境を越えた回収を促進するために、銀行口座に関する欧州保存命令の手続きを確立する。 上の https://eur-lex.europa.eu/legal-content/IT/TXT/?qid=1603028120002&uri=CELEX%3A32014R0655
(2)CD モーラのペリキュラム '債権者が既存または将来の司法決定の実行を取得する前に、債務者が消散、隠蔽、または彼の資産を破壊したか、異常な程度に、または異常な行動によって、それらの価値を下回るように処分した'(EU reg。655/14、 検討中 14、記事12)
(3)EU登録655/14、 検討中 12
(4)EUReg。655/14、記事33-37
(5) '債権者が債権者の請求を支払うことを債務者に要求する裁判所の決定、裁判所の和解または公証をまだ取得していない場合、保証の提供が規則であり、司法当局はこの義務からの免除を認めるか、または要求する必要がありますケースの状況において保証が不適切、不必要、または不均衡であると判断した場合にのみ、例外的に低額の保証を提供する'(EU Reg。655/14、リサイタル18、第38条)
(6)引用された登録、第39条

+投稿

Dario Dongo、弁護士兼ジャーナリスト、国際食品法の博士号、WIISE(FARE-GIFT-FoodTimes)およびÉgalitéの創設者。

関連記事

最近の記事

最近のコメント

翻訳する»