ホーム革新斬新な食品、EFSA から大麦粒由来のタンパク質へのゴーサイン...

斬新な食品、EFSAはビール副産物のアップサイクルから得られる大麦由来のタンパク質と米粒にゴーサインを与える

EFSA (欧州食品安全機関) 認可を支持する科学的意見を表明した 新規食品 大麦と米粒から部分的に加水分解されたタンパク質で、次のようにして得られます。 アップサイクリング ビールの副産物のこと。 (1)

1) 大麦と米粒からの加水分解タンパク質、 ノベルフード

Il ノベルフード によって提案されました エバーグレインLLC (ABInBevグループ)は、大麦粒から抽出したタンパク質を濃縮して得られる粉末です(ホルデウム尋常性)とご飯(オリザサティバ) 酵素プロセスとそれに続く機械プロセスのおかげで、ビールの製造プロセスから残るものです。

使用した酵素 (グルコアミラーゼ、プルラナーゼ、セリンプロテアーゼ) は、その種の遺伝子組み換え微生物に由来します。 アスペルギルス・ニガー e バチルス・リケニフォルミス。 リスク評価は、EFSA の提出に関するガイダンスで要求されているように、製品中に組換え DNA (< 10 ng DNA/g) と生存可能な生細胞が存在しないことを証明することに焦点を当てました。 関係書類 食物酵素に。 (2)

あなたはそれを使う インクルード ノベルフード 食品成分として、それらは多岐にわたり、一般向けのさまざまな製品に含まれています (図 1 を参照)。 タンパク質 ヴィーガン、20kgの紙袋で販売されており、湿度が低いため室温で15か月間保存できます。

図1 – 申請者が新規食品の使用を提案した食品のリストとその使用割合(EFSA NDAパネル、2023年)

2) 製造工程

製造 インクルード ノベルフード 検査は酵素的段階と機械的段階の XNUMX つの段階に分けられます。

2.1) 酵素相

脱穀機 果汁のマッシングと濾過段階で残ったものは低温殺菌され、タンパク質加水分解段階のバイオリアクターに入れられ、所定の比率で水を加えられます。 続いて、撹拌下、温度>68℃、大気圧で3時間混合する。

混合物 動作温度 (不明) にし、次の方法で処理します。 ミックス 組換え体由来のグルコアミラーゼとプルラナーゼを45分間処理し、デンプンを加水分解します。 pHを9.0に補正した後、組換えセリンプロテアーゼを使用します(B.リケニフォルミス)タンパク質を加水分解します。 加熱処理により酵素が失活してしまうため、

2.2) 機械的位相

残留物 固体とタンパク質抽出物は遠心分離機で分離されます。 タンク 抽出の。 沈殿した固体は水で洗い流され、必要に応じてスクリュープレスで圧縮され、タンパク質の回収を助け、収率を高めます(また、水分含有量を減らし、安定性を向上させます)。 代わりに、タンパク質液体を精密濾過 (0.1 ~ 70℃で 80 um) にかけます。 手順 透析濾過サイクルにより、透過液(フィルターから分離された相)中のタンパク質の回収率が増加します。

差し引かれた端数 フィルターからの成分には、脂肪や繊維のほか、高分子量のタンパク質が含まれています。 したがって、ナノ濾過にかけ、固形分約 20% を含む製品が得られ、そのうち 85% が生のタンパク質です。 蒸発により固形分の濃度を最大 50% まで高めることができ、その後低温殺菌と処理が行われます。 噴霧乾燥に保存されているプロテインパウダーを取得します。 コンテナ および/または紙袋に梱包されています。

3) 栄養特性、タンパク質の消化率

プロテインパウダーは 大麦と米粒から加水分解されたものには、約 85% のタンパク質、6% の炭水化物、<2% の脂肪が含まれており、エネルギー値は 367 kcal/100 g です。 ビタミンやミネラル、シリアルに通常含まれる抗栄養因子(フィチン酸塩、タンニン、レクチン、トリプシン阻害剤など)の含有量は、従来の食品と一致すると考えられています。 の導入 ノベルフード したがって、EU では栄養面で不利になるリスクはありません。

消化率 大麦と米粒の加水分解タンパク質の割合(アミノ酸の糞便または腸からの吸収を測定する DIAAS 法で評価)は 65% に相当し、良質なタンパク質に起因する最小値 (75%) から遠くありません。 DIAAS 値が変化するにつれて減少します。 範囲 他の食品に加えた場合は 38 ~ 63%。 一方、乳児(0~6ヵ月)と幼児(6ヵ月~3歳)ではそれが少なく、それぞれ45%と55%です。

Il パネル 科学的秘密保持契約 (栄養、ノベルフード、食物アレルゲン)、したがってEFSAでは、この運命を不適切であると評価した ノベルフード 「新生児から6か月まで」のグループに。 また、他の人口グループにとって栄養安全保障上のリスクが生じる可能性があることも強調しています。 摂取 塩基性タンパク質、脱穀タンパク質が他の高品質タンパク質源に取って代わる場合。 (3)

4) 毒性とアレルギー誘発性

連結職歴 人間の栄養における原材料の大麦と米の使用、醸造部門での使用、および飼料としての穀物の広範な使用により、EFSAは候補に対する毒性学的研究を要求しなかった。 ノベルフード 試験中。

大麦 で言及されているアレルゲンのリストにすでに存在します。 食品情報規制 (EU) No 1169/2011、Annex II、ガンマ-3 オーダーおよび非特異的脂質輸送タンパク質による。 小麦、ライ麦、オーツ麦、ハブトの涙との交差反応性の可能性もあります。

– EU では必須の特定情報の対象となるアレルゲンのリストには含まれていませんが、アレルギー反応を引き起こす可能性のあるいくつかのタンパク質(α-アミラーゼ阻害剤、β-エクスパンシン、プロフィリン A)が含まれています。 また、米には大麦、オート麦、小麦、ライ麦、大豆、トウモロコシ、野花粉、ライコムギとの交差反応性も存在します。

5) データ保護、独占性の可能性

欧州当局 食品安全庁(EFSA)は、新しい食品の安全性について結論を出すには、申請者が提示した多くのデータと研究が必要であることを認めた。 申請者はデータ保護要求を提出し、いくつかの研究が提出されました。

欧州委員会 したがって、同氏はエバーグレインLLCに認可に関してXNUMX年間の独占権を与えるかどうか決定する必要がある。 ノベルフード。 今後5年間、他人の感染を防ぐためアップサイクリング 示されている方法で穀物からタンパク質を抽出すること(エバーグレインからライセンスを取得するか、新たな認可申請を提出する場合を除く)。

6) その他穀物、大麦、米等の飼料

ノベルフードカタログ、 関係書類 この点に関する協議プロセスおよび新規食品の欧州連合リスト (EU 規則 2017/2470) には、穀物またはその供給源から入手、使用、または販売できる他の食品、および関連する使用条件が示されています (4,5,6、XNUMX、 XNUMX)。

6.1) トルビー

それ自体で脱穀 – 繊維と一部のタンパク質画分が特徴で、もみがらの含有量が少ない – は伝統的な食品と考えられています。 欧州委員会は、ビスケットや全粒粉パンの材料として使用することを目的とした、たんぱく質を50%と70%含むXNUMX種類の粉末に関してオランダが発動した協議プロセスの中で、この意味で自らを表明した。 この点に関して、出願人が提供したデータに基づいて、食品の構造に重大な化学変化がないことと製造プロセスの簡素性の両方が考慮されました。 逆に、もみ殻のみが、 ノベルフード.

6.2) 大麦

大麦シリアル 伝統的に食品としても、さまざまな形(可溶性大麦、ハトムギ、フレーク、麦芽、ジュースなど)で使用されています。 )、さまざまな食品(スープ、シリアルベースの製品、シチューなど)や飲料(ビール、ウィスキー、モルトなど)の材料として、また動物の飼料としても使用されます。

6.3) 米

消費の伝統 他の大陸と同様に、ヨーロッパでも米食が統合されています。 アリューロン層と胚芽から抽出された米ぬか油自体は、 ノベルフード.

菌類発酵 米とエンドウ豆の濃縮物を使用することで、高タンパク質含量 (> 75%) の粉末を得ることができ、代わりに認可手続きの対象となりました。 ノベルフード。 (7)

7)暫定的な結論

植物性タンパク質 問題となっているEFSAの科学的意見の目的は、研究とイノベーションがどのようにして有益な方向に向けられるかを実証するものである。 アップサイクリング 副産物を強化することを目的としています。 食品システムに循環経済を適用すると、次のことが可能になります。

– 原材料コストの削減および/または最終製品の付加価値の向上という両方の利点を備えた食品および/または食品原料を生産する。

– 食品ロスと廃棄物を削減します(この場合、 食品ロス),

– 廃棄物の環境管理の負担とコストを最小限に抑える。

– 新たな経済的および雇用の機会を創出します。

#無駄がない

ダリオ・ドンゴとアンドレア・アデルモ・デラ・ペンナ

Note

(1) EFSA NDA パネル (2023)。 規制 (EU) 2015/2283 に準拠した新規食品としての使用済み大麦 (Hordeum vulgare) および米 (Oryza sativa) からの部分加水分解タンパク質の安全性。 EFSAジャーナル 21(9):8064、 https://doi.org/10.2903/j.efsa.2023.8064

(2) EFSA CEP パネル (2021)。 食品酵素に関する書類提出のための科学的ガイダンス。 EFSAジャーナル 19(10):6851、 https://doi.org/10.2903/j.efsa.2021.6851

(3)Dario Dongo、Andrea AdelmoDellaPenna。 栄養と健康に必要な動物由来の食品、FAO報告書。 贈り物 (素晴らしいイタリア食品貿易)。 8.5.23

(4)欧州委員会。 EUノベルフードカタログ https://webgate.ec.europa.eu/fip/novel_food_catalogue/

(5) 欧州委員会。 新たな食品の状況に関する相談プロセス https://food.ec.europa.eu/safety/novel-food/consultation-process-novel-food-status_en

(6) 2017 年 2470 月 20 日の欧州委員会実施規則 (EU) 2017/XNUMX、 欧州議会および新規食品評議会の規則 (EU) 2015/2283 に従って新規食品の連合リストを作成する。 22.8.23 時点の統合テキスト http://data.europa.eu/eli/reg_impl/2017/2470/2023-08-22

(7)Dario Dongo、Andrea AdelmoDellaPenna。 斬新な食べ物。 きのこ、米、えんどう豆、昆虫、牛乳、新しい砂糖からのタンパク質に対する EU の青信号。 贈り物 (素晴らしいイタリア食品貿易)。 14.1.23

+投稿

Dario Dongo、弁護士兼ジャーナリスト、国際食品法の博士号、WIISE(FARE-GIFT-FoodTimes)およびÉgalitéの創設者。

関連記事

最近の記事

最近のコメント

翻訳する»