ホーム消費者-俳優消費者保護、新しいEU指令が承認されました

消費者保護、新しいEU指令が承認されました

「近代化」し、消費者保護規則の有効性を確保するという新しいEU指令は、承認プロセスを終了しました。 (1)ヘッドライト デュアルクオリティeコマース e ウェブ。 数百万ドルの制裁と聖書の時代。

消費者の権利、ニーズ

欧州委員会 -の文脈で REFITプログラム (規制の適合性とパフォーマンス)-2016年から2017年にかけて、消費者保護に関する現在の規則の妥当性と有効性を調査しました。 (2)専門家や消費者による法律の知識が不足しているため、そこに規定されている救済策は十分に適用されていないと結論付ける。 (3)

すでに取られた措置 問題の規則についての知識を広め、それらの実施を促進するためのヨーロッパレベルでは、目的に適さないことが証明されています。 また、個々の加盟国における指令2005/29 / EC(不公正な取引慣行)および2009/22 / EC(消費者を保護するための差し止め命令)。 (4)

消費者のためのニューディール、イニシアチブ

イニシアチブ ニューディール 消費者向け 13.9.17に欧州委員会によって発表されました。 (5)消費者とユーザーの保護を強化することを目的として、最大の 関連するリスク eコマース およびWebサービス。 問題の指令の提案(11.4.18に委員会によって採択された)は、この文脈に適合します。

'それは保護についてです 欺瞞の場合には、より高い透明性と規則の厳格な施行を利用することによって消費者。 この「ニューディール」のおかげで、消費者は自分が何を誰から購入しているのかを知ることができます。

この合意のおかげで、消費者は、異なる製品が同一として提示されるという事実に惑わされることはもうありません。 不正行為を続けるトレーダーは厳しい罰則に直面します。

「ニューディール」はまた、インターネットショッピングをより透明にすることによってオンライン消費者の保護を強化します。 ' (フランス・ティメルマンス-委員会の初代副委員長-およびベラ・ヨウロバー、正義、消費者およびジェンダー平等担当委員。注6を参照)

進行中の改革

新しい指令 前のXNUMXつを変更するために介入します。

•dir。 93/13 / EEC、消費者契約の不公正な条件について、

•dir。 98/6 / EC、消費者に提供される製品の価格の表示に関する消費者の保護について、

•dir。 2005/29 / EC、不公正商慣習に関連して、

•dir。 2011/83 / EU、消費者の権利について

制裁、改革のバックボーン

ペナルティ それらは改革のバックボーンです。 指令98/6/EC、2005/29/ECおよび2011/83/EUは、すでに加盟国に設立を義務付けています。効果的で、比例的で、説得力のある制裁'。 全国レベルでの広範囲にわたる侵害または連合レベルでの広範囲にわたる侵害に責任のある専門家に向けて。 ただし、実際には、さまざまな国で想定されている制裁措置の重みと範囲は異なり、不正な事業者を思いとどまらせるには不適切なことがよくあります。 (7)

新しいテキスト したがって、制裁体制の有効性、比例性、抑止効果を確保するために必要なすべての措置を講じることを加盟国に要求することは、より具体的です。 誰が(少なくとも)次の基準を考慮しなければなりません:

a)違反の性質、重大性、範囲および期間、

b)消費者が被った損害を軽減するため、またはそれを是正するために売り手または供給者がとった行動。

c)以前に売り手または供給者によって犯された違反。

d)侵害の結果として売り手または供給者によって得られたまたは回避された金銭的利益(データが利用可能な場合)、

e)他の加盟国における同様の違反に対して売り手または供給者に課せられる罰則。 regで確立された手順のおかげで利用可能になった情報に基づいています。 EU 2017/2394、

f)ケースの状況に適用されるその他の悪化または緩和要因。

数百万ドルの罰金

違反 不公正な契約条件、不公正な商慣行、および消費者の権利の侵害に関連して、加盟国または関連する加盟国の売り手または供給者の年間売上高の少なくとも4%の罰金を科せられなければなりません。

加盟国 ただし、彼らにはさらに大きなペナルティを課す権利があります(ただし、低くはないことに注意してください)。 売り手または供給者の年間売上高に関する情報が入手できない場合、加盟国は最大2万ユーロ以上の罰金を科す可能性を紹介します。

デュアルクオリティ

誤解を招くビジネス慣行、新しい指令の下では、さまざまな加盟国で同じであるが品質が異なる製品の仮説も含まれています。 これはCDの場合です デュアルクオリティ、これは食品部門で正確に発生しました(二重品質の食品)。 (8)

それは欺瞞的です 'ある加盟国で、他の加盟国で販売されている商品と同じように商品を宣伝するマーケティング活動。ただし、この商品は、正当かつ客観的な要因によって正当化される場合を除き、構成または特性が大幅に異なります。'(新しい指令、第3.3.c条)

検索とトランザクションにおける権利保護 オンライン

距離契約で、消費者は専門家と連絡を取るために必要なすべての参照にアクセスできる必要があります。 (9)すなわち、氏名または商号、登録事務所および住所、電話、ファックス、および/または email および示されたその他のコミュニケーション手段(ソーシャルネットワークなど)。 メッセージの日付と時刻を記録し、耐久性のあるメディアに保存する必要があります。

売り手のアイデンティティ(プロフェッショナルまたはプライベート) オンライン オファーの提出および/または挿入の段階で、常に明確に伝達されている必要があります。 消費者がサプライヤーの信頼性をよりよく評価できるようにするため。 拘らず フィードバック その、 見られるように、多くの場合、偽であり、制御されていません。

撤退期間 -製品を宣伝または販売するために専門家が自宅に主催する一方的な訪問または遠足の文脈で締結された契約については、加盟国によって14日から30日まで延長できます。 積極的または誤解を招く商慣行または販売慣行に関して消費者の正当な利益を保護するという明確な目的のため。 (10)

検索エンジンでは、私は 市場 また、一般的にWebオペレーターは、検索結果が専門家によって提供されているかどうかを常に示す必要があります。 消費者はまた、検索結果のランキングを決定するパラメータについて知らされなければなりません。 (11)

聖書の時代

8.11.19 理事会は、昨年20月に、欧州議会および欧州委員会との間ですでに合意に達した条項のテキストを承認しました。 ストラスブール議会の正式な青信号に続いて、指令は公式ジャーナルに公開され、次のXNUMX日以内に発効します。

聖書の時代 ただし、それらの実装は予測されています。 加盟国は、指令に導入された変更をそれぞれの法制度に導入するために24か月の猶予があり、30か月以内の効果的な実施を保証します。 つまり、EUの消費者は、2023年の後半に上記のより強力な保護を受けることになります。

ダリオ・ドンゴとジュリア・カデオ

Note

1)に関する指令のテキスト https://data.consilium.europa.eu/doc/document/PE-83-2019-INIT/en/pdf

2)高レベルの消費者保護の確保に貢献することは欧州連合の任務です(TFEU、第169条、パラグラフ1および2.a、114)

3)注1、リサイタル2を参照

4)Idem cs、リサイタル4.Dir。 2005/29 / ECは、消費者法(法令206/05およびその後の改正)を通じてイタリアで実施されました。

5)V。 https://ec.europa.eu/info/law/law-topic/consumers/review-eu-consumer-law-new-deal-consumers_en

6) https://ec.europa.eu/commission/presscorner/detail/it/IP_18_3041

7)リサイタル4および6を参照

8)ECCommunication29.9.17を参照してください。 上 デュアルクオリティフード 以前の記事を参照してください https://www.greatitalianfoodtrade.it/etichette/dual-quality-foods-in-europa-l-ungheria-chiede-chiarezza-in-etichetta,

https://www.greatitalianfoodtrade.it/consum-attori/dual-quality-foods-juncker-alza-la-voce, https://www.greatitalianfoodtrade.it/consum-attori/dual-quality-food-prima-analisi-della-commissione-europea

9)指令2011/83 / EU、第6条の改正

10)指令3.4/6/ECに新しい第2011a条を導入する第83.a条

11)アート3.4.b

+投稿

Dario Dongo、弁護士兼ジャーナリスト、国際食品法の博士号、WIISE(FARE-GIFT-FoodTimes)およびÉgalitéの創設者。

+投稿

法学を卒業し、食品、法学、金融の修士号を取得しています。 彼はトリノ市の国際協力と平和部門でグリーン調達と都市の食糧政策のトピックを研究しました。

関連記事

最近の記事

最近のコメント

翻訳する»