ホーム消費者-俳優レストランでの肉の起源、ConsorzioItaliaZootecnicaの提案された法令

レストランでの肉の起源、ConsorzioItaliaZootecnicaの提案された法令

レストランや公共施設での肉の起源である、Consorzio Italia Zootecnicaの法令の提案は、本日、パドヴァ憲章とともに開始されました。 の奇跡を高める革新的なプロジェクト イタリアの畜産4.0、登録簿と動物福祉、繁殖条件、食品安全に関する完全な透明性の名の下に。

スーパーマーケットでの肉の起源

イタリアの牛畜産部門 過去XNUMX年間で大きな進歩を遂げました。 危機のおかげで、牛海綿状脳症(BSE)の危機は、イタリアの食肉生産には影響を与えませんでしたが、実際には、完全なトレーサビリティを確保するためにオペレーターに多大な努力を強いました。 安定からテーブルへ。 (1)つまり、動物の誕生からそれに由来する製品まで。

したがって、ヨーロッパの消費者は知ることができます 販売されている肉の産地。出生国、繁殖国、屠殺国で表されます。 または、前述の取引が単一の国の領土で行われた場合は、単一の表現(「起源」の後に州の名前が続く)で。

レストランでの肉の起源、法令

起源のルール ただし、これらは次のような肉の準備には拡張されません ハンバーガー、他の成分を加えて作られています。 植物繊維、(2)天然フレーバー、スパイス、塩。 また、残念ながら、公共施設で調理された肉ベースの食品にも適用されません。 どのレストランや居酒屋、食堂、(3) ファストフード と持ち帰り。 家から離れた場所での食事は現在、総消費量の約半分を占めています。 (4)

消費者信頼感 さらに、肉に関しては、他の場所で発生した国際的なスキャンダルのために、過去数年間で大幅に減少しました。 CDを参照します ホースゲート、馬肉のスキャンダルは牛として受け継がれ、 ビッグフード さまざまな複合食品(冷凍ハンバーガーやラザニアなど)に含まれています。 そして、ここ数ヶ月でヨーロッパの警告で急増したブラジルの肉危機 保健省の管理下にある.

したがって、Made in Italyの食肉生産チェーンに対するイタリアの消費者の信頼を再確立することが必要であり、緊急です。 イタリアの畜産は、ここ数十年で、次のさまざまな面で膨大なリソースを費やしてきました。

- 動物福祉、厩舎の空調、動物の治療、正しい使用 抗生物質 および動物用医薬品、

- 食品安全。 これは、ヨーロッパの警報システムに記録されたさまざまな危機(ダイオキシン汚染に関連するものを含む)の無関係性によって確認されています。 しかし、残留薬物のモニタリング計画の肯定的な結果でも、

-トレーサビリティとコンピュータ化された登録 個人データと動物の治療や動きに関連するデータの両方。 イタリアの奇跡は、6万頭をカバーし、公の獣医システムが上記の優れた目的のために関連情報を監視することを可能にする、世界で比類のない動物登録によって表されます。

フランスの例

解決策は手元にあります、そしてフランスの前向きな例に従います。 これは2002年以来、肉の起源のトレーサビリティシステムを導入し、消費者に通知する義務を負って、集団ケータリングにまで拡張されました。 (5)フランスは、この透明性の道を追求してきました。 2016年に肉の起源を示す義務を導入 他の食品の材料として使用されます(例:肉の準備、硬化肉、ソース)。 (6)

提案された法令 Consorzio Italia Zootecnicaに代わって作家が開発したレストランでの肉の起源については、食品原料として使用される肉の起源のトレーサビリティを保証するコミュニティの義務と、この点に関して消費者に通知する義務を定義しています。 。 メニューやその他の情報ツールでは、食品自体に名前を付けるために使用される文字以上の文字で。 イタリアの消費者が真に情報に基づいた選択を行えるようにするためです。

立法草案の本文が添付されています。 マウリツィオ・マルティーナ農林水産政策大臣の即時の支援が集まることが期待されています。 そして保健大臣、ベアトリーチェ・ロレンジン。

DD

Note
(1)登録CE 1760/00およびその後の修正、reg。 CE 1825/00
(2)植物繊維の性質は、とりわけ指定されなければならないことに注意してください(多くの人がそうすることを怠っています)
(3)例えば、学校、会社、病院の食堂
(4)ソースユーロスタット
(5) 2002年1465月17日のDécretn°2002-XNUMX
(6)イタリアも移動しました。 ミルク起源の法令。 しかし、それはまだ注目に値する肉を扱っていません

+投稿

Dario Dongo、弁護士兼ジャーナリスト、国際食品法の博士号、WIISE(FARE-GIFT-FoodTimes)およびÉgalitéの創設者。

関連記事

最近の記事

最近のコメント

翻訳する»