ホームアーカイブブリュッセルでのイタリアの卓越性パレード

ブリュッセルでのイタリアの卓越性パレード

五郎の漁師コンソーシアムからアグロイッティカロンバルダ、フィオリタルからフラテッリ・マローニまで、イタリアの漁業と水産養殖の優秀性は、24月25日とXNUMX日にブリュッセルで開催された魚食エキスポでよく表現されました。 イタリアの農産食品セクターの先鋒であるこれらの企業は、環境の持続可能性と品質の基本的要件を、たとえこれらのテーマが政治的議題として取り上げられなかったとしても、常に重要視してきました。 彼らは全員、毎年欧州連合の首都で開催される欧州シーフード博覧会の約束に出席した。 このイベントは、水産および水産養殖製品のヨーロッパ市場展望台の立ち上げの機会となりました(新しいサイトに移動する前に一時的にここで利用できます)。 この機会に、EU漁業委員のマリア・ダマナキ氏は、持続可能性と競争力にとって水産養殖の重要性を思い出し、加盟国に対し、企業の時間や管理負担の軽減(ライセンス取得には平均してXNUMX年かかる)などの問題にもっと敏感になるよう求めた。 。

+投稿

.

関連記事

最近の記事

最近のコメント

翻訳する»