ホームアーカイブグラナロロ、食品廃棄物に立ち寄る

グラナロロ、食品廃棄物に立ち寄る

イタリア初の乳製品グループであるグラナロロは、食品廃棄物に対する意識向上キャンペーンを開始しました。 多くの国で持続不可能なレベルに達したが、いくつかの簡単な手段を採用することで、最大60%まで大幅に削減できる現象。

イタリアの食品廃棄物の年間費用は約18,5億ユーロと推定されており、その最大のシェアは購入後の段階に起因しています。 したがって、グラナロロは、これに由来する資源の深刻な貧困を消費者に認識させ、傾向を逆転させるためのいくつかの有用な情報を消費者に提供することを決定しました。

情報キャンペーンは、25万のグラナロロブランドの製品(ミルク、リコッタ、マスカルポーネ)を通じて伝えられ、そのパッケージには、適切な食品保管と冷蔵庫の適切な管理による家庭ごみの削減方法に関する実践的なアドバイスが含まれています。

このイニシアチブは、ラストミニッツマーケットが実施し、グラナロログループが遵守している全国キャンペーン「廃棄物に対するXNUMX年」の一部です。

+投稿
関連記事

最近の記事

最近のコメント

翻訳する»