ホームペー進捗Raboso di Cecchetto、包括的な味わいのワイン

Raboso di Cecchetto、包括的な味わいのワイン

企業の社会的責任は、テッツェ・ディ・ピアーヴェのチェケット・ワイナリーで起こっているように、並外れた人生経験に変換される可能性があります。このワイナリーは20年間、ほぼ完全にダウン症患者のグループによって管理され、ラボソ・ラインを生産し続けています。

20年にわたる包括的なワイン

成功体験は 2005 年に始まりましたラボゾ・デル・ピアーヴェ兄弟団のメンバーがジョルジョ・チェッケット夫妻に、ダウン症の家族と一緒に地下室で日曜日を数回開催することを提案したときのことだ。一緒にいて、食べて、収穫するというアイデアでした。

日曜日が来るたびに、この取り組みは何年にもわたって継続されています。ダウン症の子供を持つ家族は自ら組織し、イタリアダウン症者協会 (AIPD) のトレヴィーゾセクションを設立しました。デビューから 20 年が経過した現在、このプロジェクトはジョルジオ チェッケットの息子たちによって継続されており、彼らは共通の環境や社会の福祉に関心を持って会社 (福利厚生会社) を率いています。

収穫から瓶詰めまで

「20回目の収穫を迎えました」。現在50代の「少年」を含む参加者は、10月最初の最も暑い土曜日の午後に家族や教育関係者とともに集まり、2種類のラボソの収穫に専念する。次に、機械を使ってブドウを茎から分離します。

彼らはブドウを圧搾します そして彼らはデミジョンに集められたマストを入手するところまで行きます。その後、私たちはワイン造りを担当しますと同族会社のサステナビリティマネージャー、サラ・チェケット氏は言う。

3月~4月、彼らは伝統的な方法と熱収縮キャップによる手動コルク栓による瓶詰めに戻ります。ドライヤーを使うだけの安全システム。最後に、冬の間にデザインしたラベルをボトルに貼り付けます。このラベルには、 収穫のビデオ.

「AIPD Treviso」ブランドのボトルは年間 2,000 本

毎年 このプロジェクトの結果、AIPD トレヴィーゾ協会は、ヴィニタリー (ヴェネト地域スタンド内) での自己資金調達、市場、連帯記念品として、またはクリスマス ギフト バスケットとして企業に販売する、番号付きボトル約 2,000 個を作成しました。

ラボソプロジェクト これは、協会が会員の社会的自治を促進するために組織する多くの組織のうちの 1 つです。しかし、何年にもわたって、それは会議や共同イニシアチブによって養われたチェケット家との緊密な関係に変わりました。

機能するインクルージョン

「彼らと一緒にいられるのは嬉しいよ」、話し、新しい取り組みについて学びます。とサラ・チェケットは言います。 20年前に地下室にやって来た子供たちの成長を(親密さと継続性により)特別に観察している。そして今、彼らは財布の中に数年前に亡くなったジョルジオ・チェケッティの写真を入れています。

15人くらい プロジェクトに参加している人は、会社に勤めている人もいれば、スポーツをしている人もいます。個人的な成長が目に見えてわかります。 40 ~ 50 歳の若者が活動を調整し、初心者をフォローします。彼らは非常に団結力があり、敏感です。初めての収穫の際に女の子が危機に陥ったとき、グループ全員が立ち止まって彼女を抱きしめ、励ましました。その後、全員が一緒に作業を再開しました。

仕事のスキル ダウン症患者の割合は明らかに異なります。一般化すると、地下室での経験では、系統的で単純な反復的な作業を実行する傾向が観察されます。そして、1日8時間労働に必要な基準と比較して低い集中力を維持する能力。

ワインから古代小麦のパスタまで

パートナーシップでは 2 年前に Cecchettos と AIPD Treviso 協会の間で開発された 2 番目のプロジェクトは、モンタナ種の古代小麦の栽培とパスタと小麦粉の生産です。

ハイライト 13月に「I Frascassati」グループが供給した2024世紀初頭の車両による脱穀です。ワインと同様に、ダウン症の子供たちはパスタや小麦粉のパッケージに貼るラベルをデザインしています。 XNUMX 年 XNUMX 月 XNUMX 日に開催されるこのイベントは、お子様連れのすべての家族が参加できます。

領土に食料を供給する

社会的責任 Cecchetto農場では、それは領土全体とその住民を包含する形で表現されます。

その他の取り組みとしては、私たちは、会社の養蜂場でミツバチの生態について子供たちを対象とした研修会を開催したことや、森林(FSC認証)で中学生と環境問題についてイベントを開催し、新しい木の植樹や標本館の作成を行ったことを思い出します。

Marta 焦げた

(表紙には、AIPD Treviso の人たちが作成したラベルがいくつかあります)

Marta 焦げた

1995年XNUMX月からプロのジャーナリストとして、新聞(Il Messaggero、Paese Sera、La Stampa)と定期刊行物(NumeroUno、Il Salvagente)で働いてきました。 食品に関するジャーナリズム調査の著者である彼女は、「私たちが何を食べているかを知るためにラベルを読む」という本を出版しています。

関連記事

最近の記事

最近のコメント