ホームペー進捗不公正商慣習、新しい指令が見えてくる

不公正商慣習、新しい指令が見えてくる

不公正なB2Bビジネス慣行(B2B)現在政治的検討中のEU指令のおかげで、アグリフードチェーンの中で最終的に障壁が見つかります。

ComAgri 欧州議会の(農業委員会)はほぼ満場一致で投票しました。(1)1.10.18で、パオロ・デ・カストロ本部によるプロジェクトに関する報告不公正な取引慣行指令'(UTPS)。 農業食物連鎖における虐待的な商慣行と戦うことを目的とした規制テキスト。

支払い遅延 (2)中小企業を何よりも保護することを目的とした欧州委員会の目から見た最初の目標は、警告なしの注文のキャンセルです。 議会は、組織の規模(コンソーシアム、企業グループ、協同組合など)に関係なく、大規模流通(大規模流通)のすべてのサプライヤーに保護を拡大することを提案し、基準を引き上げました。

議会報告 新しいルールの範囲を拡張します。 これには、商品の売買契約に加えて、サービスの管理(サードパーティに代わっての処理と梱包、保管、ロジスティクス、 。)

販売 原価を下回ります それらは、以前に当事者間で合意されていなかった操作を制限することを目的としたDeCastroレポートで考慮されています。 安定性と正当な期待を保証する目的で、食品サプライチェーンにおける商品とサービスのサプライヤー。 

La 経済的依存 バイヤーに対するサプライヤーの比率も引用されています。 供給契約の条件に影響を与えてはならないという考えで。 ただし、実際には、現在の経済的不均衡を緩和するための適切なルールを確立することは困難です。 さらに、市場の監督を担当する当局が不均衡に直面することはありませんでした。

オペレーターのローカリゼーション EU域外では、新しい規則の適用を制限してはなりません。 したがって、不公正な商慣行が(正式におよび/または交渉されて)国内市場の外で行われたとしても、ヨーロッパに拠点を置くサプライヤーが設立された加盟国に苦情を申し立てる権利を認めなければなりません。

不公正な取引慣行指令、委員会の提案

2018年XNUMX月 欧州委員会-特別な範囲内でのXNUMX年間の役に立たない協議の後ハイレベルフォーラム'- ついに強制規則の提案を採用することを決定しました。 実際、UTPSディレクティブ。

委員会の計画 特定の商慣行の禁止を規定します 明らかに虐待的です。 支払い遅延、キャンセルなど'ぎりぎり'注文、契約の一方的および/または遡及的変更、サプライヤーへの廃棄物の再充電。 議会が再考することを提案している最小限のリスト。

加盟諸国 彼らは、新しい規則の効果的な適用を監督する責任を負う国家当局を指定する必要があります。 調査権を持ち、職権でさえも、違反が確認された場合には、比例的かつ説得力のある制裁を課します。 

守秘義務と匿名性o苦情の作者は保証されなければなりません。 委員会は、指令の一貫した適用のための優れた慣行を共有するためにも、国家当局間で調整する必要があります。

EUレベルでの必須規則 加盟国で有効なもの、および理論的にすでに自主的に適用されている行動規範を補完します(サプライチェーン・イニシアティブ)。 ただし、加盟国は、有用と思われるさらなる措置を講じることができます。

不公正な取引慣行指令、評議会の位置

評議会の特別農業委員会 1.10.18で提案されたUTPS指令に対するその立場を採用しました。 第一に、委員会のビジョンと同様のビジョンを表現することによって。 新しい規則の適用分野を、中小企業がGDOとのみ規定する契約に限定するという意味で。

さまざまな加盟国からの代表団 -イタリア、ギリシャ、ポルトガル、クロアチア、ハンガリー、スロベニア、ブルガリア、ルーマニア-それにもかかわらず、このアプローチに反対を表明した。 代わりに、今後の交渉において、アグリフードチェーンのすべてのサプライヤーに保護を拡大するよう求めます。 スペイン、フランス、スロバキアの代表団は、この事例と一致しています。

その後、評議会はいくつかの重要な点について議会の立場に近づきました。

-すべての農産物(園芸などの非食品を含む)への規則の拡張、

-加盟国がより制限的な規則を導入する可能性、 

-治外法権。 つまり、不公正な慣行がどこで行われたかに関係なく、サプライヤーが自国の加盟国の管轄当局に上訴する可能性があります。

不公正商慣習、次のステップ

アドバイス、1.10.18の投票で、(議会、委員会、評議会の間の裁判で)続く交渉の委任をすでに与えています。 一方、欧州議会の立場は、次の本会議(ストラスブールで22.10.18に予定)で確認する必要があります。

最初の三者対話会議、オーストリア理事会議長国の下で、24.10.18に予定されています。 年末までに機関間合意に達し、おそらく2019年XNUMX月までに立法手続きを完了することを目的としています。

ダリオ・ドンゴ

Note

(1)De Castroレポートは、欧州議会のComAgriで1.10.18に承認され、賛成38票、反対4票、棄権2票でした。

(2)支払条件は、請求書の配達または受領の月末から、生鮮農産物および食品の場合は30日、生鮮食品の場合は60日を超えてはなりません。 イタリアですでに確立されているものに沿って、記事62 法の24.3.12n。 27.詳細については、著者の電子ブックを参照してください。第62条、革命'、無料ダウンロード https://ilfattoalimentare.it/scarica-gratis-libro-articolo-62-pagamenti-commercio.html

関連記事

最近の記事

最近のコメント