ホーム進捗フランスとドイツはオスのひよこを殺すことを禁止している

フランスとドイツはオスのひよこを殺すことを禁止している

産卵連鎖における雄のヒナの殺害の禁止-いわゆるセクセション(1)-は、2022年から、すでにドイツで行われているように、フランスの全国レベルで発効します。(2)

EUの最初の製造業における、最初の12つの食品生産国による、生産と消費の持続可能な開発(#SDGXNUMX)への移行の画期的で共有された兆候。

イタリア(EUで食料生産で3,4番目、農業でXNUMX番目、後者の付加価値でXNUMX番目の国)では、代わりにCoop Italiaがこの道を進んだ唯一の事業者です(XNUMX)。

産卵。 EU-28は世界でXNUMX番目にランクされ、フランスが先導しています

L'Europa 28(英国を含む)は世界の産卵数で9,4番目にランクされており、全体の5%を占めています。 (1)地球の卵子の約3/8を生産する中国の後、そして米国の前(15,7%)。 EUでは、フランスがランキングを支配し(XNUMX億個/年)、ドイツとスペインがそれに続きます。

フランスでの生産 成長を続けており、4,9年には+ 2020%、2,5年上半期には+ 2021%になります。Ho.Re.Caの不況。 ((ホテル、レストラン、ケータリング)実際には、GDOの売上が垂直方向に増加したことで相殺されました(11年の販売量は+ 2020%)。

オスのひよこの回避可能な絶滅

50万羽のひよこ 男性は、フランスだけで、卵のための「鶏肉工場」で、ガスまたは細断によって毎年殺されています。 動物福祉が「経済的」論理に取って代わられる場合、より粗い意味で、産卵鶏のオスのヒナを飼育するコストを節約することによって、その成長は遅く、したがって産卵鶏よりも高価になります。 ブロイラー 肉から。

農業大臣 フランスとドイツは、2020年から2021年のXNUMX年間で、養鶏における応用研究と革新のための二国間協力パートナーシップを開始しました。 専門家禽組織、研究組織、代替技術の開発に関与する企業と一緒に。 CIWFなどの技術機関や動物保護団体に加えて(世界農業への思いやり).

性別の禁止。 スイスに続いて、ここにフランスとドイツがあります

スイス は、早くも1.1.20で性別の厳格な禁止を導入した世界で最初の国です。 (4)フランスとドイツでは、1.1.22に、すべての卵インキュベーターオペレーターは、孵化する前にヒナの性別を識別できる機械を設置するか、少なくとも購入を注文する必要があります。 いずれにせよ、計装は2022年中に運用を開始する必要があります。

分光光度計 これにより、オペレーターは産卵から13日目から始まる卵内のひよこの性別(性別)を区別することができます。 卵を光線に通すことにより、写真装置は胚の最初の羽の色を実現し、雄のひよこの胚(白または黄色の羽)と雌のひよこの胚(茶色の羽)を区別することができます。前者の卵はしたがって、孵化する前に廃棄され、破壊されます。

コープスイスとコープイタリアvs. ドイツとフランス、生命倫理対。 テクノロジー

コープスイスとコープイタリア 綿密な調査で、彼らは根本的に異なるアプローチで養鶏における生命倫理の問題に取り組みました。 XNUMXつの協力的な巨人は、卵(雌)と肉(雄)を生産する目的は異なりますが、産卵鶏のすべてのひよこが生まれ育つように、実際に卵のサプライチェーンを再編成しました。

ドイツとフランス 代わりに、彼らは分光光度法に焦点を当てています。これは、Agri Advanced Technologies(Erich Wesjohannグループ)が鳥類飼育に適用して、卵の孵化に先立つ段階までのオスのヒナの選択と廃棄を予測しています。 したがって、協調システムの生命倫理は、オスのヒヨコの殺害を排除するのではなく、予測するだけの技術とは対照的です。 (6)

サプライチェーンプログラム、EUのフランスの例

フランス政府 国家再起動計画で、傍受する機械の購入費用の10%に資金を提供するために、特定の基金(40万ユーロ)を割り当てました。 ovoで 男性のひよこ。 また、不公正商慣習に関する先見の明のあるLoi EGalim 2を通じて、サプライチェーン全体でのコストの再配分を想定しています。 (7)その後、パリとボンの大臣は、19.7.21に農業大臣評議会にプロジェクトを提示し、他の加盟国と委員会にイニシアチブをEUレベルに拡大するよう促した。 (8)

CNPO拡張、フランスの卵サプライチェーンの専門家間組織は、機械への投資を15万ユーロ、年間64万ユーロと見積もっており、これは 売上高、追加の運用コスト。 したがって、XNUMXつの値上げが予想されます 最小 0,5セント/卵。 卵にはハート型のマークが付けられます。sanstuerlespoussinsmâles'(オスのひよこを殺さずに)、パッケージとシェルに。

フランスの卵、サプライチェーン ランニング

卵の解釈 フランスでは、2017年に開始されたXNUMXカ年計画の中でもとりわけ際立っています。未来の社会契約'、次のように明確に表現されます。

-ケージの外で繁殖します。 放し飼いの鶏の卵は現在、国の生産量の64%を占めています(2020年XNUMX月のデータ)。

-バイオe ルージュにラベルを付けます。 オペレーターは、認定された有機産卵鶏と ラベルルージュ(10)

-GDO(Large Organized Distribution)およびHoReCaへの移行に伴う責任ある供給契約を保証します。

-動物福祉と持続可能性に関する研究開発を支援し、

-'ロゴで国内サプライチェーンを強化するウフ・ド・フランス'、ゆるい卵だけでなく、加工卵製品(卵製品)にも適用されます。

イタリアの養鶏、付加価値 '抗生物質なし'

家禽イタリアその一部として、抗生物質なしで卵や鶏肉を作る絶好の機会があります。 動物福祉を改善し、抗生物質耐性に関連する危険から消費者を保護するためにできる最善のこと。

イタリアのパラドックス 自宅で解決策を持っていることです(アルガタン)抗生物質を排除し、運用コストを削減し、収量を増やしますが、抗生物質を使用しないことに固執します。 広範囲の近視?

付加価値 消費者が卵や鶏肉に帰する方法を知っていること」抗生物質なし'- としても'オスのひよこを切り刻むことなく'-したがって、表現されていない可能性が残っており、需要はまだ棚に供給されていません。 それまで?

ダリオ・ドンゴとジュリア・オルシ

注意

(1)Dario Dongo、TommasoDiPaolo。 みじん切りのひよこ。 贈り物 (素晴らしいイタリア食品貿易)。 9.3.18、 https://www.greatitalianfoodtrade.it/idee/pulcini-tritati

(2)AymericRenou。 ジュリアン・ドノルマンディー:«C'est la fin du broyagedespoussins»。 ルパリジャン。 18.7.21 https://www.leparisien.fr/societe/julien-denormandie-cest-la-fin-du-broyage-des-poussins-18-07-2021-ZVAPDJ3RZBFQHIQ2H76XOQFB7A.php?ts=1626612367435

(3)マルタStrinati。 みじん切りのひよこ、コープはバスタを言います。 贈り物 (素晴らしいイタリア食品貿易)。 5.4.19、 https://www.greatitalianfoodtrade.it/progresso/pulcini-tritati-la-coop-dice-basta

(4)マルタStrinati。 男性のひよこの虐殺、たくさんの話といくつかの事実。 贈り物 (素晴らしいイタリア食品貿易)。 17.7.20、 https://www.greatitalianfoodtrade.it/mercati/la-mattanza-dei-pulcini-maschi-tante-chiacchiere-e-pochi-fatti

(5)ダリオ・ドンゴ、アレッサンドラ・メイ。 家禽と卵、世界的な需要の高まり。 持続可能性への挑戦。 贈り物 (素晴らしいイタリア食品貿易)。 3.2.20、 https://www.greatitalianfoodtrade.it/progresso/pollame-e-uova-domanda-globale-in-crescita-la-sfida-della-sostenibilità

(6)CIWF Franceは、2020年以来、カルフールと協力して、 ovoでの性別 オランダとドイツの会社RESPEGGの。 これにより、9日目から98%の精度でオスと卵をインターセプトすることができます。 分離された卵は、高品質の飼料の生産チェーンに向けられています

(7)ダリオ・ドンゴ、ジュリア・オルシ。 不公正商慣習、パリからコルディレッティ、コンフィンドゥストリアへの教訓。 贈り物 (素晴らしいイタリア食品貿易)。 9.5.21、 https://www.greatitalianfoodtrade.it/idee/pratiche-commerciali-sleali-la-lezione-di-parigi-a-coldiretti-e-confindustria

(8)CNPO(InterprofessiondesŒufs). オルタナティブ・ア・レリミネーション・デ・プサン・マール、ラ・フィリエール・フランセーズ・デ・ウフス・オー・ランデブー。 コミュニケデプレス、 19.7.21 https://oeuf-info.fr/communique-de-presse-alternative-a-lelimination-des-poussins-males-la-filiere-francaise-des-oeufs-au-rendez-vous/

(9)CNPO。 Plandefilièreà5ans:市場の需要に合わせてフランセを保証します。
https://oeuf-info.fr/infos-filiere/plan-de-filiere-a-5-ans-garantir-des-oeufs-francais-en-phase-avec-la-demande-du-marche/

(10)認証 ラベルルージュ それは、有機システムよりも高い屋内密度(9匹の動物/ m6の代わりに5匹)とより多くの緑の屋外スペース(各雌鶏の4mXNUMXの代わりにXNUMX匹)を持つ繁殖システムに関連しています

(11)Dario Dongo、Andrea AdelmoDellaPenna。 抗生物質を含まない養鶏、イタリアの方法。 贈り物 (素晴らしいイタリア食品貿易)。 14.12.20、 https://www.greatitalianfoodtrade.it/progresso/avicoltura-senza-antibiotici-la-via-italiana

+投稿

Dario Dongo、弁護士兼ジャーナリスト、国際食品法の博士号、WIISE(FARE-GIFT-FoodTimes)およびÉgalitéの創設者。

+投稿

ボローニャ大学で法学を卒業し、現在はトリノ大学で農学食品市場の法学修士号を取得しています。 弁護士の練習。

関連記事

最近の記事

最近のコメント

翻訳する»