ホームアイデアフードフェア、アヌガでのTuttofoodの追い越し

フードフェア、アヌガでのTuttofoodの追い越し

2021年には、旧大陸のフードフェアの中で、訪問者数の観点から、アヌガ(ケルン)でのTuttofood(ミラノ)の追い越しが記録されています。 すべての期待を超え、いくつかの反省に値する成功。

Tuttofoodとホスト、AnugaとCibus

フィエラミラノロー 今年は、TuttofoodとHostの組み合わせ(Meat-Techの追加)のおかげで、150万人の訪問者を同時に超えました。 同じ展示エリアの異なるホールにある食品、機械、設備。

機会 さまざまなスキルを引き付けることに成功しています-産業とロジスティクス、購入と品質、商業と マーケティング -零細企業を含むサプライチェーンのさまざまなプレーヤーの。 出展者自身のフライホイール効果で、先週ミラノで2.700。

アヌーガ -ヨーロッパの食品業界向けの最初のリファレンスフェア-代わりに、70人の訪問者だけで深刻な打撃を受けました。 ミラノだけでなく、チケットが2019万枚だった170年の前版との比較も。 Cibus Parmaは、予想どおり、40回未満の訪問で、現在は機能していません。 (1)

ありそうもない言い訳

Il ライトモティーフ Covidからの伝染を封じ込めるための対策の数は、上記の数字を説明するのに十分ではありません。 60つの見本市は同じプロトコルを適用し、入り口でグリーンパスを要求しました。 おそらく、XNUMXつの見本市のうちケルンだけがEU以外の訪問者の歴史的なシェアを持っていたので、制限に関連した減少を説明しました。 しかし、これでも彼の訪問数の減少を説明するには十分ではなく、-XNUMX%です。

誰か パルマでは、彼は、「村の見本市のように」セクター運営者だけでなく、一般の人々にTuttofoodを公開することによって、データが改ざんされていると主張しています。 しかし、ミラノの見本市は明らかにパルマのようにB2Bであり、チケットのコスト(65ユーロのTuttofood、80 Cibus)は一般の人々にとって説得力があることを考えると、この議論はあまり信頼できません。

考えられる理由

簡単です かつてはファッションと家具の首都だったミラノが、ついに2015年ミラノ国際博覧会の成果を享受していることを理解する。 公共交通機関(飛行機、電車、地下鉄)と宿泊施設の整理のしやすさに加えて。

合計します 卓越したイタリアの大都市、ビジネスの震源地、そして ショッピング。 他の素晴らしいヨーロッパのフードフェア(Sial)が拠点を置くパリと競争できる魅力があります。 ケルンとパルマにとっては客観的に達成不可能であり、知事のステファノ・ボナッチーニのアナテマに敬意を表しています。 (2)

展望

イタリアの産業 論理的であるように、ビジネスに従います。 そして、パビリオンがほとんど外国の出展者に捧げられていたTuttofoodに関連する機会をつかんだのはそれだけではありません。 スカンジナビア諸国からアジア、そして米国へ。

チャレンジ 今、作家の謙虚な意見では、それはデジタルイノベーションです。 そのバージョンで大規模な物理的なフェアを伴う ウェブ。 フェアにアクセスして出展者と交流できる多言語プラットフォーム オンライン、最前線で、有効性と持続可能性を備えています。

ダリオ・ドンゴ

Note

(1)ダリオドンゴ。 Cibus 2021、再起動のフェア? 贈り物 (素晴らしいイタリア食品貿易)。 6.9.21、 https://www.greatitalianfoodtrade.it/idee/cibus-2021-la-fiera-della-ripartenza

(2)アンジェロフリジェリオ。 BonacciniはCibus-Tuttofood契約を停止します。 給餌。 10.10.21 https://www.alimentando.info/diretta-anuga-bonaccini-stoppa-laccordo-cibus-tuttofood/

+投稿

Dario Dongo、弁護士兼ジャーナリスト、国際食品法の博士号、WIISE(FARE-GIFT-FoodTimes)およびÉgalitéの創設者。

関連記事

最近の記事

最近のコメント

翻訳する»