ホームペー市場EFTAはグローバル・サウスの食糧安全保障を脅かす

EFTAはグローバル・サウスの食糧安全保障を脅かす

欧州自由貿易協会 - ALES (または EFTA - 欧州自由貿易協会) のメンバーは、世界の南部諸国との自由貿易協定に、農家間の種子の交換を危険にさらす可能性のある条項を導入しました。食品の安全性。これは食料の権利に関する国連特別報告者のマイケル・ファクリ氏が報告した。

食料システムを脅かす自由貿易協定

EFTA 4 か国、スイス、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェーは、依然として生計が農民農業に大きく依存しているマレーシアとタイと自由貿易協定を交渉している。

そのような合意 加盟国に対し、1991 年植物新品種保護国際連合法 (UPOV 91) を法律に採用することを要求する条項が含まれています。 (1)

UPOV91とは

UPOV 条約 (2) は、世界中で植物品種を保護するための調和されたシステムです。これは、植物品種の知的財産の保護に適用される特許に匹敵する独占的権利を提供します。 1991 年に制定された現在のバージョンは、以前のバージョン (UPOV 78) よりもはるかに制限的であり、種子に対する農家の権利を厳しく制限しています。

現在 76 か国と XNUMX つの国際機関が UPOV に参加していますが、その多くは欧州連合、米国、またはスイスと貿易協定を締結したことによるものです。

種子事業

大会 それは、世界の南部諸国で大多数を占める小規模農場が、独自の作物や農家間の交換を通じて種子を入手することを妨げています。

条約を遵守することで、農家は毎年、大手アグリビジネス会社から種子を高い価格で購入することを余儀なくされています。多くの場合、その地域の気候や環境条件に適応するように開発されていない種子。そして、この協定に違反した者は、投獄される危険さえあります。 (3)

国際機関の反対

スピーカー 国連の食料の権利特別担当者マイケル・ファクリ氏はEFTA加盟国に書簡を送り、この賦課がいかにこれらの国の食料の権利を危険にさらしているかを強調した。

リスク この問題は、生物多様性と食糧安全保障の危機だけでなく、生物著作権侵害の増加を懸念するマレーシアの市民社会によっても強調されている。 (4)

他の組織も 農民やスイス種子権連合などのNGOも、UPOV条項の撤回を求める呼びかけに参加している。この条項が、農民の権利に関する国連宣言および植物遺伝資源に関するFAO国際条約に謳われている種子の権利をいかに侵害しているかを思い出してください。

EFTAメンバーの曖昧さ

スイス そして他のEFTAメンバーはこの要求に耳を傾けないままです。しかし、EFTA加盟国は国内法にUPOV 91を適用しない初めての国々である。

リヒテンシュタイン ノルウェーには植物品種の保護に関する法律が存在しないが、ノルウェーは1978年からのより緩い法律に固執している。

スイス UPOV 91に署名しましたが、それは形式的にのみであり、農家が小麦やジャガイモなどの一部の種子を交換できるようになりました。アイスランドのみが UPOV 91 を適用していますが、現時点では国内に保護品種はありません。

不思議に思う したがって、どの利益が保護されるのか。スイスに拠点を置く唯一の農産業企業はシンジェンタです。 (5) しかし、現在所有権は中国であり、種子事業はシカゴにあります。それどころか、これらの条項が禁止され、農業における遺伝的多様性と農民が自分の種子を選択し、それらを交換できる権利が真に保護されることが、地域社会全体の利益になります。 (6)

ダリオ・ドンゴ、アレッサンドラ・メイ

Note

(1) スイス・ドロワ・オ・セマンス連合のプレスに関する声明。 Droit à l'alimentation: la Swiss épinglée par l'UN。公共の目。 7.6.24 https://www.publiceye.ch/fr/coin-medias/communiques-de-presse/detail/droit-a-lalimentation-la-suisse-epinglee-par-lonu?fbclid=IwZXh0bgNhZW0CMTEAAR3egAM_DjsOR-TN62A3Txig_RDOYsakPN0mo2M_ohmZepAVqhRSc-YAklk_aem_AcbCz7mkFkIMKD6xS1JwMivDZPQ7NgXE37FebDm0qu4mSVkEVvRuBV4gFXgUp0eOxv_cyqtPcs26zDeUEkR3E82j 

(2) UPOV https://www.upov.int/portal/index.html.en 

(3) ドロワ・オ・セマンス。 UPOV はどのような問題を引き起こしましたか? https://www.recht-auf-saatgut.ch/contexte/quels-problemes-pose-lupov/?lang=fr

(4)ダリオ・ドンゴ、アレッサンドラ・メイ。 新しいGMOと種子交換、恥ずべきこと。 GIFT(素晴らしいイタリア料理貿易)。 1.5.24

(5)ダリオドンゴ。 世界の4人の巨匠、シード。 GIFT(素晴らしいイタリア料理貿易)。 15.1.19

(6)ダリオ・ドンゴ、カミラ・フィンカルディ。 農業生態学、SDGs、救済。 FAOデカローグ。 GIFT(素晴らしいイタリア料理貿易)。 12.4.20

アレッサンドラメイ

ボローニャ大学で法学を専攻し、同大学で食品法の修士号を取得しました。 ヨーロッパおよび国際的な研究および革新プロジェクトに専念することにより、WIISE srlの福利厚生チームに参加してください。

関連記事

最近の記事

最近のコメント