ホーム市場セナトーレ・カッペリ小麦と不当な商行為、TARラツィオによる確認

セナトーレ・カッペリ小麦と不当な商行為、TARラツィオによる確認

6年2023月XNUMX日、「セナトーレ・カッペリ」小麦事件に対するラツィオTARの判決がついに明らかになった。 地方行政裁判所は、CAI SpAの主人公であるボニフィチェ・フェラレージが支配するSIS SpA、Società Italiana Sementiに対する独禁法イタリアの制裁を承認した。 alias 「フェデルコンソルツィ 2」 (1) – イタリアの農民に不利益をもたらす不当な商行為を行った罪。 #クリーンスペード。

1) 「セナトーレ・カッペリ」小麦。 歴史と神話

小麦「セナトーレ・カッペリ」の歴史 その起源は、遺伝学者のナザレノ・ストランペリが、北アフリカのジェナ・レティファ集団の系統学的選抜を通じて、デュラム秋小麦の品種を入手した1915年に遡ります。 の名前 養う この記念碑は、穀物栽培と研究への支援に対するアブルッツォ州上院議員ラファエレ・カッペリ氏に捧げられました。 そして、より小型で収量の多い品種に取って代わられるまで、ほぼ半世紀にわたりイタリアで広く普及しました。

神話 「カペリ上院議員」の犯罪は、誤解を招く広告のおかげでもあり、過去 XNUMX 年間に発展しましたが、現在も罰せられていません。

– 「セナトーレ・カッペリ」品種(XNUMX世紀)の、その歴史は何千年も遡る「古代穀物」への同化、

– 栄養と健康に関する規則 (EC) No 1924/06 に違反して、仮説上の栄養と健康上の利点を誇示すること。 (2)

2) 公的品種、私的独占

「セナトーレ・カッペリ」小麦 イタリア農業省が設立した農作物品種登録簿に登録されています。 その元の構成組織であるフォッジャ(プーリア州)穀物文化研究センターは、その後、農業省の監督下にある公的機関である農業研究および農業経済分析評議会である CREA に合併されました。

NS '純度の維持 さまざまな「セナトーレ・カッペリ」小麦の種子は、公共団体 CREA から SIS SpA に委託され、種子の増殖と商業利用の独占的ライセンスが与えられました。 (3) 契約期間は 15 年で、2016 年のクリスマス前日の農業年中に定められた。SIS SpA マウロ・トネッロの社長と、全国コルディレッティの副社長を兼任している。

2.1) マネージャー SIS SpA の契約上の義務

契約 公的機関 CREA と株式会社 SIS SpA の間で 2016 年に定められたもので、後者は次のことを条件とします。

– CREA が提供する認定「Senatore Cappelli」小麦種子を使用、

– ニーズに必要な量の種子のみを生産する、e

– 2017 年以降に定められた生産および商業計画を尊重しました。

3) 不当な商行為、独占禁止法の調査および制裁

イタリア独占禁止法 (イタリア競争当局、AGCM) - 一部の農家からの報告を受けて - 20 年 2019 月 XNUMX 日に SIS SpA に対する調査を開始しました。

1) SIS SpA は、事前に設定された価格で全穀物生産量を SIS 自体に販売することを条件として、生産者に Cappelli 認証種子を供給しました。

2) SIS SpA は、生産者から要請された「セナトーレ・カッペリ」小麦種子の供給を不当に遅延または拒否したことが何度かあります。

3) SIS SpA は種子の販売価格を大幅に値上げしました (+55%) が、生産コストの上昇によっては正当化されませんでした。

AGCM したがって、SIS SpAはそのような行為を通じて農家に対してその大きな商業力を乱用し、「セナトーレ・カッペリ」小麦種子を調達するための代替手段を農家から奪ったとして、これらの商行為は不当であると認定した。 そのため、イタリアの種子会社であるSIS SpAに対して総額150.000万ユーロの4件の行政制裁を課した。 (XNUMX)

4) 「セナトーレ・カッペリ」小麦と不当な商行為、ラツィオTARでの訴訟

イタリア種子協会, SIS SpA - とりわけ、共和国大統領の甥であり、コルディレッティ・アグロマフィエ天文台の科学委員会のメンバーである弁護士ベルナルド・ジョルジョ・マッタレッラが代理人を務めている(5) - は、ラツィオ地方行政庁に控訴を申し立てた。団体に対する反トラスト法廷:

– コード、市民の権利センター、
– グラノ・サルース、
– コンファグリコルトゥーラ、
– CIA (イタリア農民連盟)、
– コパグリ (農業生産者連盟)。

控訴の主題 12 年 2019 月 150.000 日の規定で、62.2 年立法令 1/2012 の第 198 条に違反して、21 つの不当な商行為を実施したとして、独占禁止法イタリアが SIS SpA に 633 ユーロの罰金を課した(その後、立法令 2019/6 によって廃止され、施行された)不公正な取引慣行指令 EU No XNUMX/XNUMX)。 (XNUMX)

5) TARラツィオ、決断

'控訴には根拠がない。 係争中の条項により、当局は、SIS が XNUMX つの異なる不公正な商行為を実行したことを確認しました (...):

– カッペリ小麦の栽培に関心のある生産者への前述の種子の供給は、その後の収穫の SIS 自体への寄付/移転を規定した接着契約 (「SIS 契約」) を通じた閉鎖的なサプライチェーン関係の受け入れに従属しました。事前に一方的に定められた条件の下で、契約相手との交渉が行われないまま、彼らによって達成される(...)。 さらに、

– 控訴人は、特に種子申請者のメンバーシップなどの純粋に主観的な基準に基づいて後者を差別し、不当な方法でカペリ品種の種子のさまざまな栽培者への供給を遅らせ、さらには拒否したとされている。特定の団体の代表者へ'。 コルディレッティに登録されていない農家に対する差別、独占禁止法の調査で証明されているように。 さらに、

– 'SIS は、種子会社が実施する加工または研究開発活動にかかる実際のコストによって正当化されなければ、大幅に高い種子価格を課していただろう。'。 (7)

6) 職権乱用。 アルチェ・ネロ事件

SISスパ、ラツィオTARに下線を引きます。この製品には代替の供給源がなかったため、関連する種子を入手するためにカペリ小麦の生産に関心を持つ当事者にとって、同社は唯一の契約相手でした。

第二にSIS の商業的優位性は、たとえば [協同組合編] 会社の場合のように、同社の商業的対応者が集合的に組織された農民である場合でも明らかでした。 ムースネロ、どの

– SIS との間で、達成された収穫物全体の販売と引き換えに、Alce Nero と関連する栽培者に種子を供給するという契約を締結しました。

– その後、Alce Nero は手数料を支払うことで、カペリ小麦の全量を SIS から購入しました。 追加料金 (もしアルセ・ネロが農家から直接穀物を調達していれば、この金額は支払わなかったであろう)。

– この点に関して、アルセ・ネロは、それを考慮すると、この最後のステップが「なければ幸せに終わっただろう」と報告しました。不要' しかし、SIS と協力する方法を見つける必要がありました (…)'。 (7) 私的独占に関する義務。当時の大臣マウリツィオ・マルティナも下院の前でこれを否定した。 (8)

7) 小規模農民に対する圧政

'SIS は、株式会社の形態をとり、2018年の売上高は36万ユーロに達した主要な国内種子会社です。'はラツィオTARを強調し、'種子の購入に興味を持つ生産者は主に個人事業者でした。

– 409 件の被験者のうち SISは2017/2018年に商業関係を締結しました。 305名は個人・個人事業主, 98社がパートナーシップであり、株式会社は6社のみでした。 したがって、当事者間の商業関係における重大な不均衡も正しく確立され、説明されました。'。 (7)

8)暫定的な結論

神話の裏側 「セナトーレ・カッペリ」小麦の栽培において、イタリアのすべての農民に対するコルディレッティの魔法陣による抑圧が再び明らかになりました。 誰もが縄条条項のある契約に署名し、種子に不相応な費用を支払うことを強制されたからです。 物資を失ったり、重大な商業的損害を被ったりする危険を避けるために、黄色旗にサインアップすることさえあります。

ハラスメント それらはまたもや公的譲歩に基づいている。 カンパーニャ・アミカ市場に委託されたスペース - 処罰されない虐待のもう一つの機会 (9) - または、この場合は公的品種の秘密の「民営化」と同様。 (10) 文明国では、利権は即座に取り消されるだろう。 そして捜査司法当局はこの運命の契約について捜査を開始するはずだった。

新しいコミッショナー CREA の特別会員 - コルディレッティのラス党 (11) の前任者たちと同様に非常に忠実な大臣フランチェスコ・ロロブリジーダによって任命されたとしても - 必要な調査と、失敗したように見える合法性の回復のために介入する権利もあるだろう。 一方、マスコミも沈黙を保っている。 それまで?

#きれいなシャベル

ダリオ・ドンゴ

Note

(1)ダリオドンゴ。 Federconsorzi 2、別名CAI SpA、少し明快。 贈り物 (素晴らしいイタリア食品貿易)。 15.3.21

(2) セナトーレ・カッペリ小麦は「消化性が高い」? ダリオ・ドンゴ弁護士が答える。 行う (食品および農業の要件)。 5.8.23

(3) 23 年 2016 月 1 日の CREA と SIS 間の契約では、Prebase、Base、および RXNUMX カテゴリが「種子生産のために増殖することを目的とした技術種子' は次のカテゴリの '、カテゴリ R2 は ' を示します商業種子市場向けの種子'。 後者は他の認定種子を生成できません(十分に純粋ではないため)が、形質転換に使用または販売できる穀物を生成します。

(4) 独占禁止法 (競争および市場に対する権限)。 事例 AL22 – Senatore Cappelli 小麦のマーケティング。 AGCM 条項 12.11.2019 年 27991 月 XNUMX 日 n. XNUMX https://tinyurl.com/scb9d9yz

(5)ダリオドンゴ。 コルディレッティ、アグロマフィー天文台、そして税関庁のポルシェ。 文書。 贈り物 (素晴らしいイタリア食品貿易)。 25.6.23

(6)ダリオドンゴ。 農業食物連鎖における不公正商慣習、法令198/2021。 ABC。 贈り物 (素晴らしいイタリア食品貿易)。 26.2.22

(7) ラツィオ州地方行政裁判所、第 6.11.23 部。 文 16396、n. 2023/XNUMX 合議措置登録簿

(8) Senatore Cappelli 小麦は公的品種であり、独占の危険はありません。 地球といのち編集部です。 21.12.17 https://tinyurl.com/9nrh59r7

(9)ダリオドンゴ。 カンパーニャ・アミカ、コルディレッティが農民の強要を主張。 贈り物 (素晴らしいイタリア食品貿易)。 28.12.22

(10) カペリ上院議員の小麦の「民営化」? それは国家機密だ! TARへの上訴の準備は整っている。 新しいヴェスパーズ。 24.8.18 https://tinyurl.com/4fhymbyk

(11)ダリオ・ドンゴ、パオロ・カルーソ。 農業大臣はGMOを支持し古代穀物に反対。 贈り物 (素晴らしいイタリア食品貿易)。 30.7.23

+投稿

Dario Dongo、弁護士兼ジャーナリスト、国際食品法の博士号、WIISE(FARE-GIFT-FoodTimes)およびÉgalitéの創設者。

関連記事

最近の記事

最近のコメント

翻訳する»