ホーム市場アジアの米、ここにEUの義務と必要なものがあります

アジアの米、ここにEUの義務と必要なものがあります

欧州委員会は、これまでにないほど遅く、イタリアのコメをゼロ関税でアジアのコメの包囲から守るために何年にもわたって呼び出された措置を導入しています。 しかし、何か他のものも必要です。

EBA EBAスタ

の危機  ヨーロッパは2001年(ユーロのXNUMX年前)の新自由主義的政治プロジェクトに沈み、協力して覆い隠された」腕以外のすべて'(EBA)。 欧州理事会は、欧州委員会からの提案に基づいて、発展途上国からの輸入を自由化しました( '先進国'、LDC)すべての商品、武器、弾薬を除く。

職務 d'importazione 後発開発途上国のコメでは、EBAのおかげで、20年に完全に消滅するまで徐々に削減されました(2002年に-50%、2006年に-80%、2007年に-2009%)。最初から明らかでした。この計画は、他の加盟国と同様に、ヨーロッパの主要な生産国であるイタリアでの稲作を損なうことになるだろうと。 LDC諸国の農民コミュニティに具体的な利点をもたらすことなく、むしろ彼らの搾取者に。 素晴らしいものに加えて トレーダー と ビッグフード.

ヨーロッパのコメ生産者 -イタリア、フランス、スペイン、ブルガリア、ギリシャ、ハンガリー、ポルトガル、ルーマニア-はい、 繰り返し訴えた 欧州委員会へ、必要な保護措置が導入されたように。

#ilDazioètratto、過激な稲作

#ilDazioètrattoがイニシアチブです 合計600人のうち、4.000人以上のイタリアの稲作農家の過激派。 これは、2016年から、関税の回復とラベルの原産地表示を取得するためのポリシーを要求しています。 また、業界団体の意図の交わり、表面と生産物の非難の排除(実際には不公正な競争を統合する)、その価値を促進する目的での国家米当局の法令の修正を促進します。

農業の世界 金融エリートだけを支持する搾取のグローバリゼーションからの公正な避難所を要求する 農民に損害を与える と人口の、 最貧国でも.

報酬が必要です より高く、プロセスと製品を改善するために必要なリソースを農家に保証し、種子の独占から解放する、克服する情報と契約の非対称性。 なぜなら、私たちの国では決して単純ではない食品の価値」商品'、地球で生成され、そこに固定されたままでなければなりません。

プロモーションにもなります 無傷で公正なサプライチェーンの有効性 インクルード イタリア製、 '種からフォークへ'. ConsumAttori が責任ある購入の選択を行えるように、生産チェーンにとって非常に役立ちます。。 そして、その地域の経済と雇用にもそうです。

の価値観を共有する イタリア製 昇進する必要があります 新しいテクノロジーを通じて、ウェブおよびソーシャルメディア 初めに。 と統合される 持続可能なサプライチェーンプロジェクト e テクノロジー それは消費者を可能にします 実際のホスト 本物のイタリア製品を区別するために、各市場の。

イタリアとヨーロッパの米、セーフガード措置 

ついに16.1.19に、ヨーロッパの選挙の数ヶ月前に、ジャン・クロード・ユンカーが率いる委員会は、何度か要求されたコメ保護措置を採用しました。 最後に、現在の政府がその運命を支持し、導くための粘り強さを持っているイタリアの質問16.2.18で。 (1)

欧州委員会 そのため、カンボジアとビルマ(ミャンマー)からのインディカ米の輸入関税を再導入することを決定しました。これは、ヨーロッパの産業と農業に深刻な困難をもたらしました。 175年150月中旬から、完全に正当化されたセーフガード措置を適用することにより、初年度は125ユーロ/トン、2019年目はXNUMXユーロ、XNUMX年目はXNUMXユーロの関税が発生します。

職務の回復 イタリアの水田(現在ピエモンテとロンバルディアに集中している(90%))に整理する時間を与えます。 これはイタリアの稲作農家にとって、長期的に方向付けられなければならない成長戦略を開発する最後の機会であるためです。 政策が許す限り、関税が完全に失効する可能性がある場合。

でも農民 彼らは移動し、集約し、ネットワークを作り、下流に統合し、アグリフードチェーンの善良な関係者と、そしてとりわけ消費者との同盟を確立しなければなりません。 これらはすべて、持続可能な農業慣行の効果的な採用を求めています。 世界規模でのオーガニックの特権、健康食品、完全な情報、すべての人のための正確で利用可能なデータ。 明確なラベルと公正な価格に加えて、生産者と購入者の両方にとって。

イノベーションと テクノロジー農民がチームを組んで進行中の変革の主役になることができない場合、フィールドからテーブルへと、プラスの効果を生み出すのに十分ではありません。 #EatORIGINal!

ダリオ・ドンゴとジャン・ルカ・マセリーノ

AndreaCherchiによるカバー写真

Note

(1)イタリアの申請書は、 reg。 EU 978/2012、記事22

+投稿

Dario Dongo、弁護士兼ジャーナリスト、国際食品法の博士号、WIISE(FARE-GIFT-FoodTimes)およびÉgalitéの創設者。

+投稿

イタリアの持続可能な農業運動の創設者であるChainForFoodのCEOであるGianLucaMascellino氏。

関連記事

最近の記事

最近のコメント

翻訳する»