ホーム書籍朗読本「成長マップ」

本「成長マップ」

成長マップ-BRICs以降の経済的機会、ジム・オニール著は読むべき本です。 頭字語BRICsを発明してから11年後、エコノミストは新しい世界の経済秩序の輪郭を示しています。 出現した巨人(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)には、インドネシア、韓国、メキシコ、トルコのXNUMXつのN-XNUMX(ネクストイレブン)が加わっています。 これらは、オニールにとって「成長市場」です。
人口増加、生産性の向上、および教育と技術へのアクセスや安定したインフレ率などの他の要因が、新たな新興経済の推進力となっています。 この不可逆的な変化を理解し、その機会を把握するには、文化を変える必要があるとオニールは主張します。 共有された持続可能な進歩のためにやるべきことはまだたくさんあります。 私たちは準備ができています?
BRICSとN-11の開発により、2011年から2030年の間にXNUMX億人が「グローバル中産階級」に加わると予想されています。 「債務を抱える西部の州にとって、オニールの結論は、成長市場での商品の輸出は未来である」。

+投稿

関連記事

腸の抗炎症食

最近の記事

最近のコメント

翻訳する»