ホーム健康アレルゲン、ABCが含まれている可能性があります

アレルゲン、ABCが含まれている可能性があります

'それは含まれてい'また'含有することができます'-'トレース di'(?)-'アレルゲン'また'アレルゲン成分'。 どのような物質と場所、どの単一の食品または食品に何が含まれていますか? CDのABC'予防的アレルゲンラベリング'(PAL)フォローします。

アレルゲン、情報の義務

アレルゲン指令 15年前、すべての包装済み食品のラベルにアレルギー反応または不耐性を刺激する可能性のある特定の物質の存在を伝える義務を導入しました。 (1)

ルール '消費者への食品情報'アレルギーおよびセリアック病患者の保護のための情報体制を引き継ぎ、強化し、以下を提供しました。

1)材料リスト、包装済み食品のラベルには、アレルゲン成分に関連するキーワードのグラフィック証拠を表示する必要があります(例: 小麦),

2)バルクまたは包装済みで販売されている食品 直接販売の目的で、販売されている各製品に関して、存在するアレルゲンを常に示す必要があります。

3)コミュニティが販売または提供する食品 最終消費者は、無料であっても、アレルゲンの存在に関する正確な情報を適切に添付する必要があります。

アレルゲン成分 特定の必須情報のオブジェクトは、reg で参照されている必須リストに示されているものです。 EU 1169/11、附属書 II。 (2) どちらか それらは正確に識別されなければなりません

したがって、それらについて言及する必要があります、 例えば、 '小麦、大麦、ライ麦' それよりも 'グルテンを含むシリアル'。 'アーモンドとクルミ' それ以外の '乾燥ナッツ'

欧州委員会 2017年に独自に更新 アレルゲンに関するガイドライン、前述の規定の確認が見つかった場合。 (3)

'含む'また'含有することができます'、PALの質問

運命の皮肉頭字語PAL 示す '食物アレルギーから生命を守る'、食物アレルギー教育キャンペーンで。 その上'予防的アレルゲンラベリング'、ラベリングを目的としています。

唯一の場合 - 適切な衛生慣行と HACCP をタイムリーに適用した結果、オペレーターは、レシピに指定されていないアレルゲンによる食品の偶発的な汚染のリスクを排除することができません。それは含まれてい'、 また '含有することができます'。

'それは含まれてい'、 また '含有することができます'

この言葉遣い、成分リストの余白に、(EU規則1169/11の付属書IIによる)アレルゲン成分の特定の名前を続ける必要があります。交差汚染n'。

指定する先見性を持って それらが属するカテゴリーの名前で指定することができない殻を持つ単一の果物である場合でも、それらのそれぞれの名前。 

'への参照の痕跡..。禁止されていると見なされます、それを下回るとアレルギーのある消費者による免疫反応のリスクを排除することが可能な汚染閾値に関する科学的コンセンサスがない場合。 (4) 

EU規則1169/11 実際、消費者に明確で正確かつ明確な情報を提供する必要があります。

ニュースがどこにあるかはなおさらです 健康関連、現在の場合のように。 (5)

本当のリスク アレルゲンの主題に関するあいまいな情報を提供することは、アレルゲンの消費者に、仮想的な無害性を信じさせることです。トレース'、代わりに彼らの健康に深刻な結果をもたらす免疫反応を引き起こす可能性があります。 (6)

ダリオ・ドンゴ

Note

(1) ディレクトリを参照してください。 CE 2003/89 / CE およびその後の改正、reg により廃止。 UE 1169/11に規定内容を盛り込み強化。

(2)このリストは、ヨーロッパの科学当局と国内の専門家の間で合意に基づいて作成されたものであり、 コーデックス委員会。

(3)欧州委員会ガイドラインは、成分が由来するシリアルを指定する義務も指定しています。グルテン'。 元。 'グルテン (オルゾ)'。

(4)EU規則1169/11-アレルゲン指令(指令2003/89 / EC)のように-は、参照する可能性を規定していません。の痕跡..。'、また、この用語の意味および使用条件。 したがって、これは禁止されていると見なす必要があります。

(5)この点で、それを覚えておくと便利です-regに従って。 CE 178/02、第14条-食品は、脆弱なカテゴリーの消費者に対しても安全でなければなりません。 アレルギー患者とセリアック病とは何ですか。 前述の規則はまた、リスク分析が 食料安全保障 製品に付随する情報を考慮して実行されます。 したがって、附属書 II で言及されている成分の存在に関する必要な情報が含まれていない食品は、reg. UE 1269/11 は危険であると見なされるため、「一般食品法」(EC reg. 178/02、第 19 条) で規定されている是正措置を講じる必要があります。 つまり、管轄の保健当局への通知、消費者への情報提供、その他の措置が食品の安全性と公衆衛生の高レベルの保証を保証するのに不適切な場合の商業的回収による即時の商業的撤回です。

(6)'の存在の可能性への言及の痕跡したがって、アレルゲン成分は、EU 規則 7/36 の第 1169 条および第 11 条で確立された消費者情報の忠誠基準に違反したとして制裁を受けなければなりません (それぞれ、ラベル上の必須および任意の情報に関して)。

+投稿

Dario Dongo、弁護士兼ジャーナリスト、国際食品法の博士号、WIISE(FARE-GIFT-FoodTimes)およびÉgalitéの創設者。

1コメント

コメントは締め切りました。

関連記事

最近の記事

最近のコメント

翻訳する»