ホーム健康栄養素、誤解を招く広告方程式

栄養素、誤解を招く広告方程式

栄養素、広告の方程式は誤解を招きます。 アンドレア・ギセリの意見

加工食品は主食と同一視することができます-のように ラッテフルーツ  と野菜-栄養士が毎日の消費を推奨しているのは誰ですか? 質問はの検査で浮かび上がった フレッシュミルクと「同等」と宣伝されているミルクキャンディー と 果物の5つの部分を取るための解決策として宣伝されたフルーツジュース と野菜は毎日お勧めします。 私たちはそれを アンドレア・ギセリ、リサーチエグゼクティブアル クラナット とSISAの社長、 イタリア食品科学会。 ファーストフードでさえも、工業用食品をデモンストレーションしない栄養士。

栄養素を追加または削減する

栄養士は、食事で食べ物が果たす役割を反映するための非常に簡単な原則を説明しています。 それらのいくつかは、有用な栄養素を追加するという利点があります。 一方、他の人は、摂取量を減らす機能が高く評価されています。 メカニズムを理解すると、バランスの取れた食事を整理するのが簡単になります。

5人前に役立つフルーツジュース?

調べた最初のケ​​ースはフルーツジュースに関するものです。 新鮮な果物や野菜を消費する代わりに、健康に役立つ有名な5日XNUMX食分を合計するために、フルーツジュースを飲むことは有用ですか?

フルーツジュースの有用性を評価する際には、その内容だけでなく重要なことも考慮する必要があります。 もちろん、オレンジ色のビタミンCはあなたにぴったりです。 しかし、私たちは栄養過剰の人々であるため、野菜や果物を消費することの有用性は、追加するのではなく、削除することです。 十分に食べることによって、あなたはあなたの胃の中の他の食物のためのスペースを奪います。 野菜や果物の一部を消費すると、満足のいく効果が得られ、ファーストフードサンドイッチへの欲求が失われる可能性があります。 一方、サンドイッチで食事を始めると、野菜はほとんど食べたくないでしょう。 そして、栄養補助食品の錠剤を追加すると、それが期待されるものを含んでいると仮定すると、無駄な量のビタミンを追加するだけです。「ジセリは説明します。

新しいガイドライン したがって、XNUMX年以内に期待される健康的な食事のためのCra-Nutは、フルーツジュースを新鮮な野菜の同等の代替品と見なさないように促します。

なぜリンゴジュースを飲むのか リンゴを食べるのと同じ満足のいく効果はなく、腸の通過に対する繊維の有益な効果を奪い、少量の脂肪や糖を閉じ込めます。 砂糖を加えて作った飲み物で方程式を提案すると、なおさらです(参照 棚にある商品を区別する方法).

吸うミルク

その他の商品 調べたパッケージはミルクキャンディーです ガラティン。 プロデューサーは、ラベルに新鮮なミルクとの同等性、広告メッセージを誇っています 現在、IAPによって正当性が検討されています、広告主の審査員。 しかし、アカウントは合計されません。

フルーツジュースについて言われていることと比較して、ここで栄養士は私たちに、何が少ないかではなく、何が多いかを評価するように勧めます。 「キャンディーのコンデンスミルクを通して推奨カルシウムを摂取しようとするのは、砂糖の過剰摂取にさらされるため、場違いです」とアンドレア・ギセリは警告します。

砂糖が多すぎる

それを理解するには数学をするだけで十分です。

250mlの消費量 健康的な食事のガイドラインで推奨されている毎日のミルクは、300サービングのミルクまたはヨーグルトに相当し、XNUMXmgのカルシウムを提供します。

ガラテインキャンディー 100グラムのバッグには(栄養宣言によると)460mgのカルシウムが含まれていますが、 砂糖62g (ミルクのもの42個とさらに20g追加)。

したがって、キャンディーで推奨されるXNUMXサービングのミルクで同じ量のカルシウムを摂取するには、いくらか食べる必要があります。 少なくとも半分のパック、しかしこれはまた約30グラムの砂糖を提供します。 XNUMX日の予算が多すぎて、提案されている以上の方法 最大しきい値 WHO(世界保健機関)による。

WHOのしきい値

Le WHOの適応 健康的な食事については、非感染性および食事関連の病気から人口を保護するための栄養素摂取量のしきい値を提案します。 砂糖については、砂糖を加えて10日のカロリーの5%を超えないようにすることをお勧めします。 そして、このしきい値を半分にする傾向があり、XNUMX%になります。

したがって、従来2.000 kcalで確立されていた毎日の食事では、砂糖からのXNUMX日のエネルギー摂取量は 50グラム未満 (総摂取量の10%、または200カロリーを砂糖4グラムで提供されるXNUMXカロリーで割ったもの) 25グラム (5%のしきい値を超えないようにWHOの提案に従います)。

言うまでもなく、キャンディーでカルシウムを摂取しようとするそのしきい値を橋渡しする(または超える)ことは考えられません。

マルタ・ストリーナティ

 

+投稿

1995年XNUMX月からプロのジャーナリストとして、新聞(Il Messaggero、Paese Sera、La Stampa)と定期刊行物(NumeroUno、Il Salvagente)で働いてきました。 食品に関するジャーナリズム調査の著者である彼女は、「私たちが何を食べているかを知るためにラベルを読む」という本を出版しています。

関連記事

最近の記事

最近のコメント

翻訳する»