ホームラベルABCの栄養成分

ABCの栄養成分

栄養表示、CD 栄養強調表示。 ただし、表示されるすべての情報が有効な規則に準拠しているわけではありません。 続いて、ABC。

栄養表示、EUの規則

CD 栄養強調表示 -つまり、食品に関連する商業情報で提供される栄養強調表示は、ヨーロッパでは規制(EC)No. 1924/06。

前述の規則に従って、それはによって意味されます

'i栄養ステートメント'、食品が特定の有益な栄養特性を持っていることを肯定、示唆、または暗示する兆候は、次の理由によります。

a)貢献する、貢献する、または減少または増加する速度で貢献する、または貢献しないエネルギー(カロリー値)、および/または

b)栄養素またはそれが含む、減少または増加した割合で含む、または含まないその他の物質。'(1)

許可されている唯一の栄養表示 ヨーロッパ全体で、NHC規制の付属書に記載されているものがあります(栄養と健康強調表示)。 エネルギー、栄養素、微量栄養素のレベル(ビタミンやミネラルなど)、およびコミュニケーションの方法の両方に関係する、そこで厳密に確立された要件と条件に準拠しています。 (2) 

栄養強調表示、 利用規約

さまざまな栄養指標の中で 認められているように、私たちは、消費者の一般的な認識において、多かれ少なかれ心臓血管の健康に直接関連しているものに焦点を当てています。 

一般的に認識されている食事 「健康的」として-地中海式ダイエットから 北欧の食事療法、まで 健康的な食事指数 -さらに、砂糖の適度な摂取が特徴です。 高繊維含有量 飽和脂肪の含有量が少ない。 特に 塩に注意してください 消費エネルギーと消費エネルギーのバランスの制御(カロリー).

「良い脂肪」に関連する主張 (モノ不飽和、多価不飽和、不飽和、オメガ3はすでに考慮されています 前の記事)。 以下、他 栄養強調表示 非常に重要です。

'低カロリー

食品のカロリーが低いことを示しています。数カロリー'および同様の重要性を持つその他の情報は、製品が固体の場合は40 kcal(170 kJ)/ 100 g、液体の場合は20 kcal(80 kJ)/100mlを超えるエネルギーを表さない場合にのみ許可されます。 卓上用甘味料の場合、4 kcal(17kJ)/単位用量(小さじXNUMX杯の砂糖に相当)の制限が適用されます。

'カロリー含有量の削減'

食品の発熱量が減少していることの表示、および同等の重要性を持つその他の情報は、エネルギー値が少なくとも30%減少した場合にのみ許可されます。 同じ製品カテゴリに属する​​市場で最も売れている製品の平均をベンチマークとして使用します。以前のレシピ'。 食品の総エネルギー値の低下を引き起こす特性を特定する義務もあります。

'カロリーなし'

文言 'カロリーなし'およびその他の同様の通信は、飲み物が4 kcal(17 kJ)/100mlを超えて発現しないという条件の対象となります。 卓上用甘味料の場合、0,4 kcal(1,7kJ)/単位用量(小さじXNUMX杯の砂糖に相当)の制限が適用されます。

'低脂肪'

食品の脂肪が少ないことを示しています。低脂肪'および消費者にとって同様の重要性を持つその他の情報は、製品に固体の場合は3gあたり100gを超える脂肪、液体の場合は1,5mlあたり100gを超える脂肪が含まれていない場合にのみ許可されます。 セミスキムミルクの場合、これは1,8mlあたり100gの脂肪を指します。

'無脂肪'

表示'無脂肪', 他の同様のものと同様に、食品の脂肪含有量が0,5 g/mlあたり100gを超えない場合に許可されます。 'などの用語に注意する必要がありますx%無脂肪'代わりに禁止されています。

'飽和脂肪が少ない'

'低 飽和脂肪'、'飽和脂肪が少ない'および類似 クレーム 製品に含まれる飽和脂肪酸とトランス脂肪酸の合計が、固体の場合は1,5 g / 100 g、液体の場合は0,75 g /100mlを超えない場合に使用できます。 どちらの場合も、飽和脂肪酸とトランス脂肪酸の合計は、いずれの場合も平均推奨エネルギー摂取量(10 kcal /日)の2000%を超えることはできません。

その後の規制(EC reg。1047および1048/2008)により、委員会は次のことも確立しました。「飽和脂肪が少ない」という表示、および消費者にとって同じ意味を持つ可能性のあるその他の表示は、次の場合にのみ許可されます。

a)クレームのある製品の飽和脂肪酸とトランス脂肪酸の合計が、同様の製品の飽和脂肪酸とトランス脂肪酸の合計よりも少なくとも30%少ない場合。

b)コンテンツが トランス脂肪酸 表示のある製品の割合は、同様の製品に見られるもの以下です。'

'せずに 飽和脂肪i'

食品に飽和脂肪が含まれていないという主張、および消費者にとって同じ意味を持つ可能性のあるその他の主張は、飽和脂肪酸とトランス脂肪酸の合計が0,1gまたは100あたり100gの飽和脂肪を超えない場合にのみ許可されます。 ml。

'低 砂糖'

食品の糖分が少ないという主張、および消費者にとって同じ意味を持つ可能性のあるその他の主張は、製品に含まれる糖分が固形分5gあたり100g以下、または2,5mlあたり100g以下の場合にのみ許可されます。液体。

その後の規制(EC reg。1047/08および1048/2008)により、委員会は次のことも確立しました。 

'表示「 糖度の低下」 消費者にとって同じ意味を持つ可能性のあるその他の表示は、その表示が付いている製品のエネルギー量が同様の製品のエネルギー量以下である場合にのみ許可されます。'。

'シュガーフリー'

食品に砂糖が含まれていないという主張、および消費者にとって同じ意味を持つ可能性のあるその他の主張は、製品に含まれる砂糖が0,5 g/mlあたり100g以下の場合にのみ許可されます。 

'せずに 砂糖を加えた'

表示'砂糖を加えずに'および他の同等の表現は、甘味特性に使用される単糖類または二糖類または他の食品(例えば、蜂蜜、果物濃縮物)が食品レシピに追加されていないことを前提としています。 食品に砂糖が自然に含まれている場合は、ラベルに注記を含める必要があります'自然に砂糖が含まれています'。

'低 ナトリウム/'

Il クレーム 'ナトリウム/塩分が少ない製品が0,12g/mlあたり100gを超えるナトリウムまたは同等の値の塩を含まない場合などが許可されます。 天然ミネラルウォーター以外の水(指令80/777 / EECの範囲内にある)の場合、この値は2mlあたり100mgのナトリウムを超えてはなりません。

'ナトリウム/塩分が少ない'

請求 '非常に低いナトリウム/塩分'食品中のナトリウム含有量が0,04g/mlあたり100gまたは同等の塩以下である場合、合法的に表現することができます。 この表示は、天然ミネラルウォーターまたはその他の水のラベルでは許可されていません。

'ナトリウム/無塩'

栄養強調表示「無ナトリウム」または「無塩」は、食品のナトリウム含有量が0,005gあたり100gまたは同等の塩分を超えないという条件に従うものとします。

その後の規制(EC reg。1047および1048/2008)により、委員会はさらにXNUMXつの規制を導入しました クレーム 栄養:

'ナトリウムフリー/塩を加えた'

表示'ナトリウム/塩を加えずに'食品または飲料のレシピで、ナトリウム、塩、またはこれらの物質を含むその他の成分(グルタミン酸ナトリウムなど)が追加されていない場合に許可されます。 いずれの場合も、製品中のナトリウム含有量は、0,12 g /mlあたり100g(または同等の塩分値)を超えてはなりません。

'ソース 繊維'

'としての方向繊維の源'また'繊維が含まれています'3gあたり少なくとも100gの繊維、または1,5kcalあたり少なくとも100gの繊維が食品中に存在すると仮定します。

'食物繊維が多い'

クレーム '高繊維含有量'、'食物繊維が豊富'および消費者にとって同等に重要なその他のものは、製品に6gあたり少なくとも100gの繊維、または3kcalあたり少なくとも100gの繊維が含まれている場合にのみ許可されます。

'【栄養素名】の減額'

XNUMXつまたは複数の栄養素の含有量が減少'、'メノ'およびこの規模の他の記述は、示された栄養素の減少が少なくとも30%に等しい場合にのみ正当です。 この場合も、のすべての仮説は クレーム 参照市場で最も売れている食品の平均を参照する比較栄養価。 (3)逆に、 'との比較以前のレシピ' また、同じオペレーターからの他の参照もありません。 

減少が10つ以上の微量栄養素(例えば、ビタミンやミネラル)に言及している場合、regで言及されている参照値との1169%の違い。 UE 11/XNUMX(付録XIII、パートA)。 

ナトリウムと塩の場合、差は平均の25%以上である必要があります。

'ライト/ライト'

栄養強調表示 どうやって ''、''または類似のものは、用語に設定された同じ条件の対象となります'減少'。 このステートメントには、製品を構成する特性の仕様も添付する必要があります。'また''(元。'脂肪/砂糖/カロリーの軽い')。

ダリオ・ドンゴ

Note

(1)regを参照してください。 CE 1924/06、記事2.2.4

(2)V。 reg。 CE 1924/06 およびその後の修正。 上の統合テキスト http://eur-lex.europa.eu/legal-content/IT/TXT/HTML/?uri=CELEX:02006R1924-20141213&qid=1527195264839&from=EN 

(3)regを参照してください。 CE 1924/06およびその後の修正、第9条

+投稿

Dario Dongo、弁護士兼ジャーナリスト、国際食品法の博士号、WIISE(FARE-GIFT-FoodTimes)およびÉgalitéの創設者。

関連記事

最近の記事

最近のコメント

翻訳する»