ホームラベルワインのラベル表示に関する新しい EU 規則、欧州委員会のガイドライン

ワインのラベル表示に関する新しい EU 規則、欧州委員会のガイドライン

8 年 2023 月 2021 日、これまで見てきたように、規則 (EU) 2117/1,2 (3) によって導入されたワインのラベル表示に関する新しい規則が適用されます。 遅刻しないよりはマシだ――X時点のXNUMX週間前――欧州委員会は、この件に関するガイドラインを「質疑応答」の形で発表した。 (XNUMX)

1) ワインのラベル表示、概要

「マーケティング基準」 ワインに関する規制は現在、委任規制 (EU) 1308/2013、2019/933 に加えて、共通市場組織規則 (EU) No 2019/934 (CMO または CMO、共通市場組織) で定義されています。

ラベリング ワインのプレゼンテーションは、部門規制がない場合、食品情報規制 (EU) No 1169/11 (FIR) で確立された一般規則の対象となります。

栄養表示と成分リスト OCM の第 30 条、35、18,20,21.1,22 条の 40,41,48 に規定されている内容を損なうことなく、FIR の第 XNUMX 条から第 XNUMX 条、および附属書 VI ~ VIII の第 XNUMX 条、XNUMX、XNUMX、XNUMX に定められた基準に従います。

2) ラベルおよび電子ラベル上の必須情報

表示義務のある情報 ラベル上で報告するか、電子形式で提示する必要があるものは次のとおりです。

(i) ワイン製品のカテゴリーの指定 (該当する場合、「脱アルコール」/「部分脱アルコール」という用語を含む)。 CMO の第 119.2 条に規定されているものを除き、保護された原産地呼称および保護された地理的表示を持つ特定のワインについては、

(ii) 「保護原産地呼称」(PDO) または「保護地理的表示」(PGI) という用語および PDO/PGI ワインの関連名称、

iii) 容量ごとの実際のアルコール強度、

iv) 原産地表示、

v) ボトラーの名前、または一部の製品カテゴリー (4,5,6,7、XNUMX、XNUMX、XNUMX) については、該当する場合は生産者または販売者の名前、

vi) ネットコンテンツ、

vii) スパークリングワインのカテゴリー (4,5,6,7、XNUMX、XNUMX、XNUMX) の場合の糖度、

viii) 栄養表示、

ix) 成分リスト、

x) 脱アルコール処理を受けたワイン製品の最低保存期間。

3) 成分リスト

材料のリスト 「成分」という言葉で導入し、重量の降順に個々の成分を報告する必要があります (FIR、第 18 条)。 製品重量の 2% 未満に相当する残留成分は、主成分の後に別の順序で記載される場合があります。 すべての成分は特定の名前で指定する必要があります。

添加剤 食品は、認可コード E... または特定の名前を使用して、その機能的カテゴリーの表示の前に、成分リストに記載する必要があります。 ワインの製造において認可されている唯一の添加物は、委任規則 (EU) 2019/934、附属書 I、パート A、表 2 に示されています。

3.1)技術的アジュバント

強制ではありません その逆も同様で、アレルギーまたは不耐症を引き起こす可能性のある物質を明示的に言及する義務を損なうことなく、技術補助として使用される食品添加物および酵素を示します(FIR、第9条)。

アレルゲン 常に消費者に簡単に見えるようにする必要があります。 他の成分と比較して、グラフィックの証拠 (フォント、サイズ、色、スタイル、背景が異なるなど) を伴う (EU 規則 1169/11、第 21.1 条)。

リストの場合 成分の一部は経由で供給されます 電子ラベル、アレルゲンの表示の前に「」という言葉を付ける必要があります。含まれています(EU 規則 2019/33、第 42 条、第 48 条の 4、附属書 I)。

3.2) 濃縮物質

濃縮物質 ワインの製造で認められているものは、「濃縮ブドウ果汁」、「精製濃縮ブドウ果汁」、および「」であることに注意してください。スクロース」 (CMO、付録 VII、パート 1)。

材料リスト – 欧州委員会によって宣言された透明性 (4) とは対照的に、以下を使用してコンパイルすることもできます。

  • 「濃縮ブドウ果汁」というカテゴリー名による、調整されたものを含むマストの指定(パートA)、
  • 「スクロース」、つまり砂糖の表示はオプションのみです。 この場合、この項目を個別に表示する義務を損なうことはありません。 ただし、すべての種類のスクロースを「砂糖」と呼ぶことができます。

4) '保護的な雰囲気の中で瓶詰め'

明確さの要件を無視して 消費者に対する情報の曖昧さのないこと(EU 規則 1169/11、第 7,36 条、第 XNUMX 条)、「保護的な雰囲気の中で瓶詰め「」は「」に置き換えることができます保護雰囲気下で瓶詰めすることができます(EU 規則 2019/33、第 48 条の 6. XNUMX)。 ワインが改変された雰囲気で保管される場合、使用されるガスの名前を指定する義務はなく、これらの表示のいずれかが常に必須となります。

5)栄養宣言

栄養宣言 規制に含まれる指示に従います。 EU 1169/11 (FIR)、第 34 条。 したがって、ラベルのサイズが小さい場合を除き、項目を縦方向のリストに配置し、番号を揃えて表形式で表示する必要があります。その場合は、リニアフォーマット。 この最後の仮説は明らかに電子ラベルには当てはまりません。

栄養価の順番 次に、一般規則に従います。 エネルギー値(kJ、kcal)、脂肪(うち飽和)、炭水化物(うち糖質)、タンパク質、塩分(ナトリウム相当量を想定)。 (5) XNUMX つ以上の要素の値がゼロに等しい場合、関連するエントリは「」という文言で置き換えることができます。無視できる量の (…) が含まれています'。

5.1) 栄養価、算出基準

栄養価 それらは次によって確立された平均値です。

  • 生産者によって行われた食品の分析(発酵プロセスに関連する変動を考慮して、優先されるべき選択)、または
  • 使用される成分の既知の平均値または実際の平均値、または
  • 計算は、一般に確立され受け入れられたデータから開始して実行されます(FIR、第 31 条)。

エネルギー値 規則 (EU) 1169/11 の附属書 XIV に規定されている換算係数を使用して計算し、最初にキロジュール (kJ)、次にキロカロリー (kcal) で表示する必要があります。 飲料の場合、エネルギーと栄養価は常に製品 100 ml あたりで表さなければなりません (FIR、第 32.2 条)。

6) 視野と視認性

栄養表示と成分リスト 他の必須表示と同じ視野に表示され(バッチコードは例外で、他の場所で報告される可能性がある)、容器を回転させることなく同時に読み取ることができなければなりません(EU 規則 2019/33、第40.1条)。

キャラクター それらは消去できず、他のすべての書面による表示や図面と明確に区​​別できるものでなければなりません。 使用する形式に関係なく、そのサイズは 1,2 mm 以上である必要があります (EU 規則 2019/33、第 40.3 条)。 (6)

7) 発効

'原則として、これらの新しい必須表示は、規則 (EU) 2021/2117 に規定されているそれぞれの適用日、つまり 8 年 2023 月 8 日以降に市場に出されるワインに適用されなければなりません。ただし、その日より前に「生産された」ワインは引き続き販売される可能性があります。在庫が続く限り、2023 年 XNUMX 月 XNUMX 日までに適用されるラベル表示要件に従って市場に出されます。'。

欧州委員会 したがって、欧州規制に対する(法的価値のない)逸脱を提案する権限(権限は付与されていない)を引き受けます。 次に、ワインは発酵の終了後だけでなく、特定の醸造学的慣行の実施後にも「生産された」とみなされるため、その適用条件のさらなる拡張について言及しています。

彼らは報告してくる したがって、次の例は次のとおりです。

- ワイン (カテゴリー1)。 これは、圧搾されたかどうかにかかわらず、新鮮なブドウ、またはブドウ果汁の完全または部分的なアルコール発酵のみから得られる製品です。 ワインは、CMO 規則の付録 VII、パート II、ポイント 1 に示されている、必要なアルコール度数と酸度含有量に達していなければなりません。

- スパークリングワイン (カテゴリー4)。 二次アルコール発酵によって製造された場合、ワインは二次発酵が行われ、製品が CMO 規制の付属書 VII、パート II に規定されているアルコール度数と過圧条件に達した後にのみ「製造された」とみなすことができます。

ヴィーノ・ヴェリタスでは?

ダリオ・ドンゴとアレッサンドラ・メイ

Note

(1)ダリオドンゴ。 ワイン、栄養価、成分リストが見えますが、多すぎません。 贈り物 (素晴らしいイタリア食品貿易)。 5.10.22

(2)ダリオ・ドンゴ、ジョルジオ・ペローネ。 脱アルコールワイン、新しいEU規則、高い成長の可能性。 ABC。 贈り物 (素晴らしいイタリア食品貿易)。 8.2.22

(3) 委員会通知 – 欧州議会規則 (EU) No 1308/2013 および理事会および委員会委任規則 (EU) 2019/33 の改正後の新しい EU ワインラベル規定の実施に関する質疑応答。 C/2023/1190 https://tinyurl.com/2hu5y7v6

(4)ダリオ・ドンゴ、 Marta 歌った。 ワイン、砂糖が明らかに。 贈り物 (素晴らしいイタリア食品貿易)。 11.10.18

(5)ダリオドンゴ。 ラベルに栄養成分表示。 EU ルールのイロハ。 行う (食品および農業の要件)。 30.10.16

(6) したがって、ワインのラベル上の必須情報の文字の視認性は、一般の食品および飲料のラベルに設定されているものよりも低いことに注意する必要があり、この最後の場合のみ、最小高さ 1,2 mm が参照されます。文字「x」に。 注5に引用されている記事を参照してください。

+投稿

Dario Dongo、弁護士兼ジャーナリスト、国際食品法の博士号、WIISE(FARE-GIFT-FoodTimes)およびÉgalitéの創設者。

アレッサンドラメイ
+投稿

ボローニャ大学で法学を専攻し、同大学で食品法の修士号を取得しました。 ヨーロッパおよび国際的な研究および革新プロジェクトに専念することにより、WIISE srlの福利厚生チームに参加してください。

関連記事

最近の記事

最近のコメント

翻訳する»