ホームラベル外国製品の工場本部

外国製品の工場本部

Il 「設立議席」令がついに発効した、22年2017月1日。(180)新しい規制にラベルを適合させるためにXNUMX日間待つ間、イタリアで販売されている外国製品への適用を明確にすることは有用です。

食物 イタリア製 および/またはイタリアでパッケージ化

義務 ラベルに施設の場所を記載することは、まずイタリアで生産および/または包装された食品に適用されます。 つまり、次のことを意味します。

-食べ物に イタリア製、彼らの最後の実質的な変革が私たちの領土で起こったときにイタリアで行われたと理解されています。 外国起源または起源の成分の使用の仮説においてさえ、そして 情報義務 この点について。 それらが一般的な(2)または特定の規制によって要求されているかどうか、

-イタリアで包装された食品へ、他の国で製造された場合でも、ヨーロッパおよび非ヨーロッパ。 この場合、原産国を特定するというさらなる義務があり、その省略がこの点で消費者を誤解させる可能性がある場合。 製品の性質とその 使用したブランドを含むプレゼンテーションの方法.

トルコ産のアルギダアイスクリーム、例えば、それはまだ言葉遣いを運ぶ必要があります トルコ製。 (3)イタリアの消費者はそのようなものを連想するので ブランド (4)-ブイトーニ、ペルージナ、ベルトーニ、その他さまざまなもののように-ベルペーゼに。 そして、これが真実でない場合は、それを明確にする必要があります。 (5)

食物 ヨーロッパ製

一方、事業所の場所は規定されていません 他のEU加盟国およびより広いEFTA地域で製造された製品の包装について(欧州自由貿易協会)。 これには、欧州経済領域(アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー)とスイスが含まれます。

それも当てはまりません トルコから到着する食品に、この範囲および他のさまざまなイタリアの規制から除外されます。 (6)

EU以外の食品

相互承認条項 ヨーロッパの商品(EFTA地域)とトルコの商品にのみ付与されました。 これは、EU規則1169/11(消費者への食品情報)、国内市場全体のように、私たちの国で自由に流通することができます。 プラントの場所を報告する必要はありません。

逆に、包装済み食品 それはヨーロッパ以外の国から来ており、私たちの領土で販売されるとき、それはラベルに植物の場所をすぐに報告しなければなりません。 非常に重要な目新しさであり、エスニックだけでなく南地中海沿岸からの食品の輸入者は、できるだけ早く適応しなければなりません。

ダリオ・ドンゴ

Note

(1)145のOfficial Gazette GeneralSeries17の法令235/7.10.17を参照してください。 http://www.gazzettaufficiale.it/eli/id/2017/10/07/17G00158/sg

(2)とりわけ、欧州委員会が異なる起源の主成分を示すための方法を定義するのを待っています。 V。 http://www.foodagriculturerequirements.com/category/notizie/‘made-in”-dell’ingrediente-primario-il-nuovo-schema-di-regolamento

(3)V。 http://www.hurriyetdailynews.com/unilever-to-open-ice-cream-plant-22320

(4) https://m.ilmattino.it/napoli/articolo-2036046.html を参照してください。

(5)多国籍企業がイタリアの現地支店を通じて製品を包装することを決定したとしても、消費者情報の透明性の義務を果たすことは間違いありません。 regを参照してください。 EU 1169/11、第7条(公正な情報慣行)および26.2

(6)法令145/17、記事7を参照してください。

+投稿

Dario Dongo、弁護士兼ジャーナリスト、国際食品法の博士号、WIISE(FARE-GIFT-FoodTimes)およびÉgalitéの創設者。

関連記事

最近の記事

最近のコメント

翻訳する»