ホームペーラベルラベルのミルクの起源に関する法令。 良いニュース、時代と弱点

ラベルのミルクの起源に関する法令。 良いニュース、時代と弱点

CDは最近発効します 牛乳の起源に関する法令 ラベルに。 良いニュース、時代、そして弱点が続きます。

ラベルのミルクの起源に関する法令、良いニュース

9年2016月1日の省令(XNUMX)では、搾乳国と搾乳国について言及する必要があります。以下の食品のラベルに イタリアで:

-チーズ、(2)乳製品および豆腐、
-牛乳に由来するバター、クリーム、脂肪、
-スプレッドミルククリーム、
-ミルクとミルククリーム(砂糖または甘味料を加えた濃縮)、
-バターミルク、凝固したミルクとクリーム、ケフィアと他の種類の発酵または酸性化したミルクとクリーム(濃縮されている場合でも、砂糖または甘味料、フルーツまたはココア、フレーバーを追加)、
-ホエイ(濃縮されているか、砂糖や甘味料が添加されている)、
-ミルクの天然成分からなる製品(砂糖や甘味料を加えた場合でも)。

EU、欧州経済領域、トルコで製造された食品には適用されません。 また、DOP、IGPとして登録されている製品、およびオーガニックとして認定されている製品も対象外です。

「EU諸国からのミルクの混合物」(および/または「非EU」)または「EU諸国で調整または処理されたミルク」(および/または「非EU」)という用語は、それぞれの場合に使用できます。 (3)

同じ国の領土で搾乳され、使用されている場合は、以前の表示の代わりに、合成表示「牛乳の起源(…。)」も許可されます。

ラベルのミルクの起源に関する法令、時代

牛乳の産地を示す新しいラベルは、19年2017月XNUMX日から使用する必要があります。

ただし、乳製品は味付け、市場投入、またはラベル付け'その日付より前は、在庫が続く間、次の180日の最終期間内に販売することができます。

法令は引き続き適用されます」31年2019月XNUMX日までの実験ベース'したがって、翌日から効力を失います。 (4)

ラベルのミルクの起源に関する法令、弱点

L 'カードの使用 チーズの製造において、それは消費者から意図的に隠されたままです。

マウリツィオ・マルティーナ大臣は次のように宣言しています。最大の情報と透明性のポリシー'。 (5)それでも、大臣の回覧でビジネス組織へ' と 'コントロールボディに'、彼はそれを指定するように注意しました:

– '包装済み乳製品の唯一の成分(...)は、「搾乳国」、「包装国または加工国」の観点からその産地を示さなければなりません。。 ' したがって、「最大の情報と透明性」から、次のように定義される他のすべての成分を除外します。
– '食品香料、添加物、酵素を含むあらゆる物質または製品、および食品の製造または調製に使用され、変更された形であっても最終製品に存在する化合物成分の成分'。 (6)

大臣はまた、それを明確にするために注意を払いました '原産地取得の基準は、現在のヨーロッパの法律に従って引き続き有効です。'(7)したがって、ミルクの「加工国」は、最後の実質的な変換が行われた国と混同されます。 (8)

いずれの場合も、この規定は包装済み食品にのみ適用されます。 したがって、除外して'まとめて販売された製品のうち、消費者の要求に応じて販売場所で包装された製品、または直接販売のために事前に包装された製品'。 (9)

その後、それらは除外されます'プレパック乳製品の調製に使用される複合成分など、他の対象がさらに処理されることを目的としているため、最終消費者を対象としていない製品(B2B)'。 (6)

ダモクレスの剣は、 WTOで開始された紛争 ミルク起源の法令と小麦の法令に反対する米国とカナダから。 途中でCETAと、新たな輸入関税に関して、両方の法令を廃止するか、報復を受ける必要があるリスクがあります。

Note

(1)19年2017月XNUMX日の公式官報で http://www.gazzettaufficiale.it/eli/id/2017/01/19/17A00291/sg
(2)ただし、乳製品を構成しない牛乳を含む製品、および15年1925月2033日の王政令に定められた定義に該当しないチーズは除外されます。 1年、およびいずれの場合も、前述の付属書XNUMXで言及されている乳製品に含まれていない製品。
乳製品の定義は、規則(EU)No.の付属書VIIのパートIIIに含まれています。 1308/2013(単一のCMO規制)'。 24年2017月3日の公式ジャーナル、GeneralSeriesnの2017年78月XNUMX日の大臣回覧を参照してください。 XNUMX、上 http://www.gazzettaufficiale.it/eli/id/2017/04/03/17A02419/sg
(3)これらの表示は、単一のEU諸国または単一の非EU諸国から時々発生するミルクの場合にも提供できます。ただし、同じ会社によるミルクの供給は、通常、異なるEU諸国または複数のEU諸国からのものです。非EU諸国」。 (注2で参照されている円形の文字を参照してください)
(4)ミルク原産地令、第7条
(5)プレスリリースを参照 https://www.politicheagricole.it/flex/cm/pages/ServeBLOB.php/L/IT/IDPagina/11204
(6)注2、ポイント2で言及されている円形の手紙を参照してください。
(7)同上、ポイント1、最後の段落
(8)登録EU 952/13は、「この目的のために装備された会社で実施され、新製品の製造をもたらした、または製造プロセスの重要な段階を表す、最後の実質的かつ経済的に正当化された変換または処理」(第60.2条)を指します。 )。
(9)Circular 24.2.17で指定されているように、ポイント1
(10)Idem cs

関連記事

最近の記事

最近のコメント