ホームセキュリティPFAS、フラン、グリコアルカロイド、Alternaria。 欧州委員会は禁止ではなく「推奨」

PFAS、フラン、グリコアルカロイド、Alternaria。 欧州委員会は禁止ではなく「推奨」

PFAS、フラン、グリコアルカロイド、 ルナリア 欧州委員会が禁止するのではなく監視することを「推奨」している食品汚染物質には 1,2,3,4 つのカテゴリーがあります。

食の安全は言葉から行動へ

食品安全 理論的には、次のような一連の EU 規制によって保証されています。 一般食品法 (reg。CE 178/02)、 衛生パッケージ、(EC reg. 852,853 / 04 以降)、 公式管理規則 (EU reg。2017/625)。

欧州委員会 しかし、最も重大な場合には必要なセーフガード措置を省略し続けており、このようにして再び産業界の利益に道を譲っています。 の事例ですでに報告されているように、 アクリルアミド, ビスフェノールA (BPA)、 マイコトキシン, 3-MCPD とグリシジル 外国人。

以下の場合、したがって、ブリュッセルの幹部は、さまざまな食品カテゴリーの有毒物質の濃度に関する分析データを収集してEFSAに送信するよう食品業界に要求することに限定しています.

1) ふらに

フラン また、アルキル フランは、一部の食品が受ける熱処理によって生成される加工汚染物質です。 最も代表的なものは、メチルフラン、2-メチルフラン、3-メチルフラン、2,5-ジメチルフランです。 主に。

1.1) Furani、EFSA の意見

EFSA (2017) は次のことを示しました。

  • フランおよびアルキルフランへの暴露レベルが懸念されます。
  • メチルフランが加算され、曝露が大幅に増加する可能性があります。

コーヒー、瓶入りベビーフード、既製のスープ、チップス、フルーツジュース、朝食用シリアル、ビスケット、 クラッカー 皮がむけたパンは最も汚染された食品です。 メチルフランに関するさらなるデータを待っています。 (5)

1.2) EU 勧告 2022/495

フラン、2-メチルフラン、3-メチルフラン 危険な食品では、代表的なサンプルを使用するように注意して監視する必要があります。 この目的のために、regで言及されているサンプリング手順。 CE 333/2007、附属書、パート B。 (6) 「可能であれば」他のフランも監視する必要があります。

分析 コーヒーや鉢植えの離乳食に含まれる主要なフランのうち、推奨に概説されている基準を満たす必要があります。 他の食品は、定量限界 (LoQ) < 5 μg/kg および結果の信頼性を保証する管理手順で、これらの基準を満たすのに適した方法を採用する必要があります。

2) の毒素 ルナリア

ジャンル ルナリア 食品と他の種類の環境の両方で発生する可能性のある遍在するカビが含まれます。 これらのカビは、健康にとって非常に危険な毒素を生成します (細胞および遺伝毒性、炎症誘発性、内分泌干渉、微生物相の異常)。 それでも、彼らはまだ法的制限を受けていません。 (7)

2.1) ルナリア、EFSA評価

最新の評価 of EFSA (2011) は、主な毒素 (アルテルナリオール、アルテルナリオール モノメチル エーテル、テヌアゾン酸) への曝露が毒物学的警報閾値をどのように超えるかをすでに強調しています。 そのため、当局は、最も危険にさらされているいくつかの食品に関するデータを収集し、より機密性の高い方法を実施することを推奨しました. (8)

予防・軽減 性毒素による食品の汚染 ルナリア 可能ですが、適切な農業および製造慣行、保管および輸送条件を採用する必要があります。 しかし、食品中の毒素の最高レベルを決定する要因を理解し、正確かつタイムリーな削減および予防戦略を採用することは有用です.

2.1) EU 勧告 2022/553

ブリュッセル 安全レベルではなく、「指標レベル」を提案しています。これを超えると、それらの存在を決定した要因を調査する必要があります。
変換プロセスの影響。
監視対象の主な食品は、加工トマト製品、パプリカ パウダー、ゴマ、ヒマワリの種と油、ナッツ、干しイチジク、乳幼児向けの穀物ベースの食品です。

サンプリング手順 規則に従う必要があります。 CE 401/06、LOQ が乳幼児向けの穀物ベースの食品で 2 μg/kg、その他の食品で 4 μg/kg を超えない。 一方、すべての食品中のテヌアゾン酸の測定では、LOQ は 20 μg/kg を超えません。 そして、分析は、「可能な場合」、XNUMX つの主要な毒素だけでなく、同種の他の毒素にも拡張する必要があります。 ルナリア.

3) じゃがいも由来のグリコアルカロイドおよび誘導体

グリコアルカロイド それらはジャガイモに蓄積する二次代謝産物です。 「緑の段階」では、塊茎に関して、または植物の地上部で. それらは有毒であり、腸の障害、嘔吐、発熱、下痢、神経学的問題を引き起こし、致命的な影響を与える可能性があります. 生産のさまざまな段階、太陽への露出 主に、彼らの発展を支持します。 また、調理によってその存在が減少したり、毒性が抑制されたりすることはありません。 (9)

3.1) グリコアルカロイド、EFSA の意見

最も重要な毒素 α-ソラニンとα-カコニンであり、EFSA (2020) は、有害な影響を観察するための最小閾値として言及されています (最小副作用レベル、LOAEL) - 総グリコアルカロイドの 1 mg / 日 / kg 体重に等しい - に達したり超えたりすることが多く、健康上の懸念があります。 (10)

集中 したがって、ジャガイモ塊茎のグリコアルカロイドは、優れた農業および製造慣行を採用することによって削減する必要があります。 とりわけ、保管および輸送の条件に特に注意してください。

3.2) EU 勧告 2022/561

加盟国と事業者 食品業界の関係者は、ジャガイモおよびジャガイモ製品中のα-ソラニンとα-カコニンを監視する必要があります。 可能であれば、分解生成物 (β- および γ- ソラニン、カコニン、アグリコン ソラニジン)、特にジャガイモ加工製品のサンプリングおよび分析方法 (最大 1 ~ 5 mg/kg の LOQ) が提案されています。

注意 以下に専念する必要があります。

  • ジャガイモおよび加工されたジャガイモ製品において、α-ソラニンとα-カコニンの合計として100 mg / kgの指標レベルを超えるレベルにつながる要因を特定し、
  • じゃがいもの種類と大きさ、新じゃがいも保存用じゃがいも(つまり、熟したか、または長期間保存されたものか)、サンプリング、皮むき、および方法の段階を記録します。

4)PFAS

PFAS - として知られるペルフルオロアルキル物質の根絶されたグループ永遠に化学物質'- 食品と接触する材料 (MOCA) を含むすべての工業製品および消費者製品で広く使用されています。 見られるように.

環境汚染 PFAS からの惑星、現在も拡張されています 雨水、農業食品チェーンに影響を与える可能性があります。 したがって、土壌、飼料、農業用水、給水用水からすでに始まっている食事暴露源を制御する必要があります。

4.1) PFAS、EFSA 評価

EFSA の評価 (2020) 'の大きなグループの主な分子に焦点を当てました永遠に化学物質'。 PFOS、PFOA およびそれらの塩は、これらのほとんど避けられない汚染物質にさらされている食品およびヒトの両方に最高濃度で存在します。

欧州当局 食品の安全性については、勧告 2010/161 / EU に従って収集されたデータに基づいて、PFNA および PFHxS も考慮されました。 ヨーロッパの人口の一部の被ばくが耐容週間線量をどのように超えているかに注意してください。 (11)

4.2) PFAS、EU 勧告 2022/1431

PFASのモニタリング 主なものは類似物質のそれと統合されるべきであるが、異なるアルキル鎖、いわゆる新興PFASであり、食品、飲料水、および/またはヒト血清に存在する可能性がある.

分析対象食品 (可食部分のみ)果物、野菜、でんぷん質の根と塊茎、海藻、穀物、ナッツ、油糧種子、乳幼児向けの食品、動物由来の食品、ソフトドリンク、ワイン、ビールを含める必要があります。

考慮する必要があります 一次農産物、同じバッチから作られた飼料と食品、および形質転換因子の両方。 プロセスと製品の特性を常に指定します。

4.3) PFAS、サンプリングおよび分析

サンプリング regに記載されている手順に従う必要があります。 EU 2022/1428 および規制に従った分析。 EU 2017/625、第 34 条。分析方法の LOQ は、「可能な場合」、異なる PFAS について示されたもの以下でなければなりません。

汚染の原因 指示レベルを超えている場合は調査する必要があります。

a)果物、野菜(野生のキノコを除く)、デンプンおよび塊茎中の PFOS については 0,010 μg/kg、PFOA については 0,010 μg/kg、PFNA については 0,005 μg/kg、および PFHxS については 0,015 μg/kg、
b) PFOS の場合は 1,5 μg/kg、PFOA の場合は 0,010 μg/kg、PFNA の場合は 0,005 μg/kg、野生のキノコの PFHxS の場合は 0,015 μg/kg、
c) 牛乳中の PFOS の場合は 0,020 μg/kg、PFOA の場合は 0,010 μg/kg、PFNA の場合は 0,050 μg/kg、PFHxS の場合は 0,060 μg/kg、
d) 離乳食中の PFOS は 0,050 μg/kg、PFOA は 0,050 μg/kg、PFNA は 0,050 μg/kg、PFHxS は 0,050 μg/kg。

5) データの監視と共有

モニタリング活動の結果 食品事業者および加盟国が実施する報告書は、毎年 30 月 12 日までに EFSA に送付する必要があります。 食品および飼料の標準化されたサンプルの説明 (SSD) に関するガイドラインおよび当局のその他の特定の情報要件に基づいています。 (XNUMX)

ワークショップの数 食品および飼料に関する問題の汚染物質を分析するための認定された方法が提供されていることは、まだかなり低いです。 したがって、これらの研究所のコミットメントは、必要な分析方法を検証し、分析能力を高めるために必要です。 スクリーニング ヨーロッパレベルの汚染物質の。

6)暫定的な結論

2022年中に 欧州委員会 - 加盟国と合意して、PAFF 委員会 (植物、動物、食品、飼料) - 食物連鎖における汚染物質の監視に関して、さまざまな目標を設定しています。 多種多様な食品マトリックスと一連の汚染物質の両方を考慮すると、それらの栄養拡散に関するさらなるデータの収集を考慮して、これまでほとんど (またはまったく) 考慮されていません。

化学的安全性 食品および食品と接触する材料 (MOCA) - 最近発見された スイスの研究 (Biedermann et al., 2022) ガラス瓶のシールから油性食品への有毒化学物質の移行に関する - しかし、他の場所と同様に EU でも、最も深刻な未解決のギャップの XNUMX つとして残っています。

ダリオ・ドンゴとアンドレア・アデルモ・デラ・ペンナ

注意

(1) 2022 の欧州委員会勧告 (EU) 495/25.3.22、 食品中のフランおよびアルキルフランの存在の監視に関する http://data.europa.eu/eli/reco/2022/495/oj
(2) 2022 の欧州委員会勧告 (EU) 553/5.4.22、 食品中のアルテルナリア毒素の存在のモニタリングに関する http://data.europa.eu/eli/reco/2022/553/oj
(3) 2022 の欧州委員会勧告 (EU) 561/6.4.22、 ジャガイモおよびジャガイモ製品中のグリコアルカロイドの存在のモニタリングに関する http://data.europa.eu/eli/reco/2022/561/oj
(4) 2022 の欧州委員会勧告 (EU) 1431/24.8.22、 食品中のパーフルオロアルキル物質のモニタリングについて http://data.europa.eu/eli/reco/2022/1431/oj
(5) EFSA CONTAM パネル (2017)。 食品中のフランおよびメチルフランの存在に関連する公衆衛生上のリスク。 https://doi.org/10.2903/j.efsa.2017.5005 EFSAジャーナル 15(10):5005
(6)ECReg。333/07、 食品中の鉛、カドミウム、水銀、無機スズ、3-MCPD、およびベンゾ (a) ピレンのレベルの公的管理のためのサンプリングおよび分析の方法に関するもの。 19.5.21 にテキストを統合 http://data.europa.eu/eli/reg/2007/333/2021-05-19
(7) アルヒンガーら。 (2021)。 Alternaria 毒素 — まだ出現していますか? 食品科学と食品安全の包括的なレビュー。 20(5):4390-4406 https://doi.org/10.1111/1541-4337.12803
(8) EFSA CONTAM パネル (2011 年)。 飼料および食品中のアルテルナリア毒素の存在に関連する動物および公衆衛生のリスクに関する科学的意見。 https://doi.org/10.2903/j.efsa.2011.2407 EFSAジャーナル 9(10):2407
(9) オマイオら。 (2016)。 ジャガイモおよびジャガイモ製品中のグリコアルカロイドの発生に関するレビュー。 現在。 Res.Nutr. 食品科学. 4 (3) http://doi.org/10.12944/CRNFSJ.4.3.05
(10) EFSA CONTAM パネル (2020 年)。 飼料および食品、特にジャガイモおよびジャガイモ由来製品中のグリコアルカロイドのリスク評価。 https://doi.org/10.2903/j.efsa.2020.6222 EFSAジャーナル 18(8):e0622
(11) EFSA コンタム パネル (2020 年)。 食品中のパーフルオロアルキル物質の存在に関連する人の健康へのリスク。 https://doi.org/10.2903/j.efsa.2020.6223 EFSAジャーナル 18(9):6223
(12) EFSA (2021)。 食品および飼料中の化学汚染物質の発生データの継続的な収集を呼びかけます。
https://www.efsa.europa.eu/it/call/call-continuous-collection-chemical-contaminants-occurrence-data-0

+投稿

Dario Dongo、弁護士兼ジャーナリスト、国際食品法の博士号、WIISE(FARE-GIFT-FoodTimes)およびÉgalitéの創設者。

+投稿

食品技術とバイオテクノロジーを卒業し、資格のある食品技術者であり、研究開発分野をフォローしています。 特に、ベネフィット・コーポレーションであるWIISE SrlのFARE部門が参加するヨーロッパの研究プロジェクト(Horizo​​n 2020、PRIMA)に関して。

関連記事

最近の記事

最近のコメント

翻訳する»