ホームペーセキュリティ鳥インフルエンザ、欧州連合がワクチンを発注

鳥インフルエンザ、欧州連合がワクチンを発注

鳥インフルエンザは人獣共通感染症であり、長年にわたり動物の健康とそれに関連する家禽のサプライチェーンに深刻な問題を引き起こしています。その蔓延と「種のジャンプ」は一部の乳牛で記録され、まれに人間でも記録されており、欧州連合では人間用のワクチンの購入を含む安全対策の採用につながっています。徹底的な考察。

1) 鳥インフルエンザ、はじめに

鳥インフルエンザ (鳥インフルエンザ、AI) は、欧州連合の欧州疾病予防管理センター (ECDC) によって、RNA ウイルスによって引き起こされ、主に呼吸器症状や症状として現れる感染症であると説明されています。

感染症 主に野生の水鳥を介して影響を及ぼし、広がります。菌株は高病原性 (HPAI、つまり A/H5、A/H7) と低病原性 (LPAI) に分類されます。それらの中には、人への散発的な感染事象を引き起こしたものもあります。 (1)

2) ヨーロッパでの普及

ウイルス 鳥インフルエンザ A(H5N1) は、中国南部と香港で初めて確認され、1996 年に発生し、感染した家禽の高い割合で死亡することが判明しました。

ヨーロッパでの普及は、2021年まで家禽と野鳥で散発的にのみ発生していましたが、その後、これらの種でこれまでに観察された最大規模の発生を引き起こしました(50年には2022万羽以上)。

- 2014 / 2015。ヨーロッパにおける A(H5N8) サブタイプの特定。その後、この亜型と他の亜型がさまざまな加盟国に広がり、実際の流行を引き起こすまでになりました。

- 2016 / 2017。ハンガリーの野鳥で初めて A(H5N8) が確認され、その後 19 加盟国の農場でも確認されました。 A(H5N6)、2017年、イタリアとハンガリーの家禽で発生。

- 2018。フィンランド、スウェーデン、オランダ、ドイツ、アイルランド、スロバキア共和国、英国、デンマークでは A(H5N6) のレベルが低い。ブルガリアの家禽でH5N8型ウイルスが発生。

- 2019。野鳥での A(H5N6) の確認。前年のウイルスと強く関連。家禽での発生はほとんどなく、ブルガリアに集中している。

- 2020。ポーランド、チェコ共和国、ドイツ、スロバキア、ルーマニア、ハンガリーの農場で A(H5N8) が複数発生しました。これに続いて、オランダから始まって、野鳥の流行は H5N5、H5N1、および H5N3 サブタイプに拡大しました。

- 2021。状況は大幅に改善しており、野鳥の間で一部の発生が夏期に集中している。

- 2022。 H5N1 型ウイルスは、EU 加盟 25 か国で野鳥、家禽、その他の飼育鳥類で発生しました。野生の海鳥は最も大きな被害を受けており、家禽に対するウイルス封じ込め対策を講じることは困難だった。特にフランス、イタリア、ハンガリーでは流行がより多かった。

- 2023。 26の加盟国に広がり、発生数は多いが重症度は低い。ウイルス、特に H5N1 に感染していると確認された哺乳類の種の数は、特に野生の肉食動物、毛皮を持つ動物、海洋哺乳動物、コンパニオンアニマル(非常にまれなケースではありますが)に関して増加しています。

- 2023 / 2024。 2023 年の第 2023 四半期から状況は改善しましたが、2 年 XNUMX 月に渡り鳥による HPAI ウイルスの新たな侵入により新たな流行期が始まりました (ツルが最も影響を受けた種でした)。 (XNUMX)

3) 人への感染例

ECDC A(H5N1) 株が鳥からヒトに伝播することはまれですが、重篤な病気を引き起こす可能性があり、ヒトからヒトへの伝播は観察されていないと報告しています。 7 年に中国で確認された A(H9N2013) 株は、LPAI として分類されていますが、人に対して非常に毒性が高く致死性であることが判明しました。家禽への大規模なワクチン接種により、人間への感染リスクを抑えることが可能になりました。

人間の健康への懸念 A(H5N1) 株が時間の経過とともに受けた遺伝的変異、野生鳥類や家禽類での度重なる流行、一部の哺乳類(アシカ、ミンクなど)の種の急増により、その数は増加しています。

知識 感染経路、保有者、遺伝子配列(変異後のものも含む)、病因、およびウイルスに関連するその他の側面の分析は、人間に対する潜在的な伝染病やパンデミックを制限するための予防ツール(ワクチンなど)と診断の開発の基礎となります。 (3)

3.1) 最近の人への感染例

(世界保健機関)は、2003 年から 22 年 2024 月 891 日までに、5 か国で鳥インフルエンザ A (H1N463) の人への感染例が 24 例、うち死亡者 5 例を記録しました。ほぼすべての症例は、感染した鳥の生きている、または死亡したものとの濃厚接触、または汚染された環境に関連しています。それにもかかわらず、WHOは、伝播能力と人から人への感染の可能性が低いため、一般人口に対するA(HXNUMX)ウイルスのリスクを「低い」と評価しています。

3.1.1)オーストラリア

月22 2024 ヒトA(H5N1)感染が検査室で確認された症例がビクトリア州メルボルンのWHOに報告されました。 (4) 未知の感染源からの感染には、インドへの旅行から帰国した 2 歳の女児が関与しており、現在は健康状態にある。報告された症状には、食欲不振、イライラ、発熱、嘔吐などが含まれます。

ケース この報告は、オーストラリアで記録された最初の報告であったという事実だけでなく、インド滞在中に少女が動物や病人と接触しなかった(両親が宣言した)こともあり、特に波紋を呼んだ。したがって、感染は汚染された環境で起こったという仮説が立てられています。

3.1.2) メキシコ

最新レポート 人獣共通感染症に関しては、ECDC がメキシコで A(H5N2) ウイルスによるヒトへの感染が検査室で確認された最初の症例を報告しており、EU での感染リスクは低いと考えられています (5,6)。男性はメキシコ市に入院したが、入院当日に死亡した。繰り返しになりますが、この男性は家禽や他の動物との接触はないようで、家禽でのA(H5N2)の発生がメキシコで数件報告されている以外は感染源は不明です。

件名 彼は発熱、息切れ、下痢、吐き気、全身倦怠感を発症したが、これらの症状は前の時期にすでに現れており、3週間の寝たきり状態となっていた。インフルエンザA型ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)評価で陰性となった疑い例でも確認されたように、人から人への感染例はなかった。

3.1.3) アメリカ合衆国

労働者 米国で感染したと思われる乳牛と接触してA(H5N1)ウイルスに感染した これは、感染した哺乳類と接触した労働者が米国で鳥インフルエンザに罹患した1例目である。 WHO は 2024 年 7 月 XNUMX 日にこの通知を登録しました。 (XNUMX) 他の病状を発症していない結膜炎の診断。感染は、この従業員が接触した親族や他の人々には伝染しなかった。

たくさんの野鳥たち 2022年から感染が続いており、酪農場の近くの猫を含む家畜(家禽)や哺乳類での散発的な症例が50の州または準州で報告されている。米国疾病予防管理センター(CDC)は、新たな感染症患者の特定に役立てるため、特定されたウイルスの配列と患者のウイルスのゲノムを公表したが、これは動物ウイルスと比べてわずかな変化を示している。 A(H5N1)。

4) 他の哺乳類へのウイルスの伝播、EFSA 報告書

EFSA (欧州食品安全局)は、哺乳類における鳥インフルエンザの症例報告の増加を受けて、さまざまな哺乳類種を使用した76の科学論文の系統的な査読に基づいて、ウイルスの蔓延の可能性に関する報告書をEnetwildの専門家と作成しました。貯蔵庫および感染源として。 (8)

最も代表的な分類群 これらは肉食動物に含まれており、感染のリスクは主に感染した鳥の捕食(または摂食)または鳥類との接触に起因すると考えられています。自然界における哺乳類から哺乳類への感染の証拠は状況的なものにすぎず、まだ確認されていません。ただし、ウイルス、特に改変株の食品伝染のリスクを評価するには、栄養感染方法を慎重に検討する必要があります。

チェックすべきサブタイプの中には、H3N8 および H9N2 は、哺乳類 (ヒトを含む) の気道の細胞内で複製しやすく、ヒトへの広がりを促進する可能性があるため、最も重要であると考えられていました。これらの種へのウイルスの蔓延を促進する変異や様式を特定するには、自然界および飼育下での積極的な監視および効果的な監視システムが推奨されます。

5) EU における鳥インフルエンザの監視と管理

鳥インフルエンザ これは、動物衛生法の一般規則に従って管理される EU 監視プログラムの対象となる疾患の 9 つです。これらは、監視および根絶プログラムの導入、発生時の緊急措置の採用、および緊急予防ワクチン接種の実施とともに、予防と管理のための具体的な規則を規定しています。 (XNUMX)

IZS – ヴェネツィア動物予防研究所 それは、鳥インフルエンザの国立リファレンスセンターであるユニオンリファレンスラボラトリー(EURL)であり、世界獣疫事務局(WOAH)のリファレンスラボでもあります。 (10) IZS は、商用家禽の群れ、裏庭の群れ、その他の飼育鳥および野鳥に関して、WHO 加盟国から通知された鳥インフルエンザの総症例を報告するシステムを開発しました。 (11) 一方、ECDC は人獣共通感染症に関する報告書を毎週発行しています。

EFSA さらに、各国がリスクを適切に管理できるよう、鳥インフルエンザの流行予測と早期警報の導入を促進することを目的としたツールを開発した。 「渡りマッピング ツール」を使用すると、野鳥の生息数、分布、移動に関するデータを評価でき、「鳥インフルエンザ レーダー」は、農場にも適用されるさまざまな対策を採用するための基礎を築きます。 (12)

6) WOAH、監視と管理

WOAH – 国際獣疫事務局 – 監視と管理の対象となる疾患のリストに鳥インフルエンザを含めた。

6.1) モニタリング

183の加盟国 WOAH は次の感染例を報告する必要があります。

– サブタイプに関係なく、鳥類(国内および野生)から検出された高病原性鳥インフルエンザウイルス。

– 高病原性インフルエンザAウイルスに感染した野鳥を含む家禽以外の鳥。

– 人に自然に感染し、重大な結果をもたらすことが証明されている低病原性鳥インフルエンザウイルスに感染している家禽および捕獲された野鳥。 (13)

自主的に, WOAH加盟国は、野鳥における低病原性鳥インフルエンザ(LPAI)の症例を報告することができるほか、領土または参照地域に鳥インフルエンザが存在しないことを宣言することができる。

6.2) 管理

鳥インフルエンザの管理 WOAH による規定は、この病気の管理のために採用される特定の対策に加えて、バイオセキュリティ対策として(地域化の代替または補完として)採用される区画化対策も規定する陸事法規および陸生マニュアルに規定されています。

区画化、見ての通り アフリカ豚コレラの場合、生産と貿易を犠牲にしないより迅速な解決策を保証する上で、確かにより効果的です。

すごいとFAO 彼らは次のことを目的として、共同で OFFLU ネットワークを立ち上げました。

  • 研究者や獣医学当局による知識の普及を促進するために、データと生物学的物質(ウイルス株を含む)の交換と研究を促進する。
  • 予防、診断、監視、制御計画を採用します。例えば、アジアにおける旧正月休暇前および期間中に家禽の取引中に発生する可能性がある鳥インフルエンザに関するFAOの警告がオンラインで拡散されている。 (14) WHO も同様に、ヒトにおける鳥インフルエンザの症例に関する最新情報を毎週提供しています。 (15)

7) 欧州連合、ヒト用ワクチンの供給

欧州委員会保健緊急事態準備・対応局(HERA)を通じて、加盟国を代表して、「パンデミック対策」人獣共通ワクチン665.000万40回分(4年間で最大16万回分)を供給するための共同調達枠組み契約に署名した。インフルエンザワクチン Seqirus は、養鶏農家や獣医師など、鳥や動物からの鳥インフルエンザの感染の可能性が最も高い人々を対象としています。 (XNUMX)

CSL セキルス UK はワクチンの生物学的有効成分の製造業者であり、オーストラリア起源の CSL グループの一員です。

ワクチンに関する情報、その認可(最近変更された)はイタリア支部によって保持されており、医薬品の連合登録簿で入手でき、そこから製品に関するすべての情報を確認することができます。 (17)

ワオ、ワクチン接種を検討 鳥インフルエンザのパンデミックの可能性を防ぐための基本的なツールとして。 WHOと協力して、A(H5N1)感染者の薬理学的管理と効果的なワクチンの開発を目的とした疫学情報の交換に関する推奨事項も策定した(18,19,20、XNUMX、XNUMX)。

8)暫定的な結論

鳥インフルエンザの進化 病原性が非常に高いため、畜産業や野鳥の健康に深刻なリスクをもたらします。

予防措置の採用、これには家畜のワクチン接種が含まれており、動物の健康と家禽および関連製品の生産と取引の継続を保証するために必要かつ不可欠な戦略としてWOAHによって示されています。 (21)

困惑は残る 新型コロナウイルス下で課せられた結果不確実性の「保健独裁」を受けて、人間用に数百万回分のワクチンを購入するという欧州委員会の選択について。

ダリオ・ドンゴとアンドレア・アデルモ・デラ・ペンナ

Note

(1)V。 https://www.ecdc.europa.eu/en/avian-influenza

(2)V。 https://food.ec.europa.eu/animals/animal-diseases/diseases-and-control-measures/avian-influenza_en

(3) Charostad J. et al. (2023) 高病原性鳥インフルエンザ (HPAI) H5N1 の包括的なレビュー: すぐそばに差し迫った脅威。旅行医学と感染症 55:102638、 https://doi.org/10.1016/j.tmaid.2023.102638

(4) 疾病発生のニュース。鳥インフルエンザ A (H5N1) – オーストラリア。 7.6.24 https://www.who.int/emergencies/disease-outbreak-news/item/2024-DON519

(5)V。 https://www.ecdc.europa.eu/sites/default/files/documents/Communicable-disease-threats-report-week-23-2024.pdf

(6) 疾病発生ニュース – 鳥インフルエンザ A (H5N2) – メキシコ。 5.6.24。 https://www.who.int/emergencies/disease-outbreak-news/item/2024-DON520

(7) 疾病発生ニュース – 鳥インフルエンザ A (H5N1) – アメリカ合衆国。 9.4.24。 https://www.who.int/emergency/disease-outbreak-news/item/2024-DON512

(8) エネットワイルドコンソーシアムほか(2024) 鳥インフルエンザにおける哺乳類の役割: レビュー。 EFSA サポート出版物 21(3):8692E、 https://doi.org/10.2903/sp.efsa.2024.EN-8692

(9) 参照規制は Reg (EU) 2016/429 です。委任登録 (EU) 2020/687;委任登録 (EU) 2020/689; Reg. (EU) 2020/690 の実施、Reg.代表者(EU)2023/361、および実施決定(EU)2023/2447。

(10)V。 https://www.izsvenezie.it/istituto/centri-di-referenza/influenza-aviaria-e-malattia-di-newcastle/

(11)V。 https://eurlaidata.izsvenezie.it/epidemio.php

(12) https://app.bto.org/mmt/avian_flu_map/avian_flu_map.jsp を参照してください。 「移行マップ」カーソルを選択して、移行マッピング ツールに切り替えます。

(13)V。 https://www.woah.org/en/disease/avian-influenza

(14) FAO。 FAO、鳥インフルエンザについて警告 – アジアでの旧正月行事前および期間中の家禽取引の増加による急増と地域的感染拡大のリスク。 https://openknowledge.fao.org/handle/20.500.14283/cc9524en

(15) WHO。鳥インフルエンザの週次更新 2024。 https://iris.who.int/handle/10665/375483

(16) 欧州委員会。委員会は、鳥インフルエンザを防ぐために加盟国が665,000万11.6.24回分の人獣共通インフルエンザワクチンへのアクセスを確保する。 XNUMX。 https://ec.europa.eu/commission/presscorner/detail/en/ip_24_3168

(17)V。 https://ec.europa.eu/health/documents/community-register/html/h1761.htm

(18) WHO (2006) 鳥インフルエンザ A (「H5N1」) ウイルスに感染したヒトの薬理学的管理に関する WHO 迅速勧告ガイドライン。 https://iris.who.int/handle/10665/69373

(19) シューネマン HJ 他。 (2007) 鳥インフルエンザ A (H5N1) ウイルスによる散発的なヒト感染症の薬理学的管理に関する WHO 迅速アドバイス ガイドライン。ランセット感染症7(1):21-31、 https://doi.org/10.1016/S1473-3099(06)70684-3

(20) うわー。人獣共通感染症の可能性のあるインフルエンザ:パンデミックへの備えに対する動物保健部門の貢献。 15.5.22。 https://www.woah.org/en/influenzas-with-zoonotic-potential-the-contribution-of-the-animal-health-sector-for-pandemic-preparedness/

(21) うわー。鳥インフルエンザワクチン接種:安全な貿易の障壁になってはいけない理由。 https://www.woah.org/en/document/avian-influenza-vaccination-why-it-should-not-be-a-barrier-to-safe-trade/

アンドレア・アデルモ・デラ・ペンナ

食品技術とバイオテクノロジーを卒業し、資格のある食品技術者であり、研究開発分野をフォローしています。 特に、ベネフィット・コーポレーションであるWIISE SrlのFARE部門が参加するヨーロッパの研究プロジェクト(Horizo​​n 2020、PRIMA)に関して。

関連記事

最近の記事

最近のコメント